渡辺弘子の布絵の世界Vol.6『三番叟(さんばそう)』

美浜町早瀬には「子供歌舞伎」の伝統があります。
毎年5月5日、日吉神社例大祭に
山車(やま、だし)の舞台で上演されるもので
日吉神社で奉納された後、
瑞林寺(ずいりんじ)の前や各地区を練り歩き
「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」が上演されます。

早瀬はかつて北前船(きたまえぶね)が寄港し、
千歯扱き(せんばこき)または千歯稲扱き(せんばいなこき)という
稲扱機(いなこきき)の生産地として栄え、
商家、造り酒屋、旅館、料亭が立ち並ぶ
漁業と商工業の港町として繁栄していました。
華やかな芸能や宗教行事が盛んで、お寺や神社も多く
子供歌舞伎の山車や祭りの神輿(みこし)なども
かなり立派なものが残されています。


『三番叟(さんばそう)』:弘子姉さんの布絵の作品です。
早瀬観光センターに寄贈されています。

ちょうど早瀬に伺っていた4月30日は早瀬観光センターで
衣装を着けた子供歌舞伎の最終リハーサルが行われ、
運良く見物することができました。

早瀬の子供歌舞伎は
江戸時代、早瀬にコレラが流行し、これを鎮めるために
寺社に子供歌舞伎を奉納したのが始まりといわれています。
「疫病は神仏の祟りであるため、寺社に子供歌舞伎を奉納せよ」
とのお告げを受け、区内の寺社に子供歌舞伎を奉納したところ
コレラの流行が収まったと言い伝えられています。
子供歌舞伎は滋賀県長浜の子供歌舞伎をお手本にしたようです。


出番を待つ子供歌舞伎の役者さん。この日は2組がリハーサルを行いました。
本番は白塗りのお化粧がされると思います。


「寿式三番叟」は、もともと能の「翁」を歌舞伎化した義太夫です。
天下泰平・国土安穏・五穀豊穣・子孫繁栄などを祈願する舞を舞います。
「寿式三番叟」の舞台には雄大な老松が描かれていますが
これは神が影向(ようごう:神が降臨すること)する笠松とのこと。


翁の舞の後には翁(中の太夫)から
千歳鶴と千歳亀に鈴が渡され、三番叟の「鈴舞い」が行われます。
大地をしっかり踏みしめ、大地に潜む悪霊を払い、
稲穂に見立てた鈴を鳴らしながら
子孫繁栄、五穀豊穣を祈願する舞を舞います。
激しい舞いで、疲れてへとへとになっているのを励ましながら
舞うのがひとつの醍醐味のようですが、
今回はそれがあまり見られませんでした。
舞いも短くなっているようだと一緒に見た主人が言っていました。

昭和50年(1975年)までは、5月7日・8日・9日の3日間に渡り
行われていたようですが、男子の減少と資金不足から
昭和51年〜55年(1976〜1980年)間は中断。
昭和56年(1981年)に再開された際に5月5日に開催が変更されました。

子供歌舞伎の演目は、現在は「寿式三番叟」ひとつですが
かつては120余りの台本があったとのこと。
小学4〜5年生の男子が演じますが、
私の主人は6年生の時に「寿式三番叟」を演じ、
お兄さんは「白波五人男」を演じたそうです。
早瀬出身のほとんどの男子は経験しているかもしれませんが
子供の多かった時代は、出演が難しく、
舞いのレベルもかなり高かったかったようです。


地区内を山車で練り歩き上演される子供歌舞伎。
(写真は「福井の文化財」HPより)

実は子供歌舞伎が中断していた時期頃から
伴奏の三味線を引く後継者も途絶えつつありました。
三味線の弾き手は主人や弘子姉さんの伯父さん一人となり
伯父さんが亡くなった後は
三味線をテープレコーダーで流したり、
よその地区から弾き手をお借りして
どうにか開催していたようです。

しかし踊りと曲が合わなかったり、曲もニュアンスが微妙に違うため
これをなんとかしなければと
三味線を習っていた経験がある弘子姉さんは
親しくしている中島エミ子さんにリードされ奮起。
伯父さんが弾いていたテープレコーダーを聞きながら
見よう見まねで、二人で「寿式三番叟」の譜面を起こしました。
それを、町の若者を家に集めて三味線の講習会を開き伝授。
伝統のDNAをバトンタッチすることができたのです。
多分15年以上前の話しではないかと思います。
一度途絶えても、情熱があればまた復活させることも可能です。
諦めない気持ちを忘れないでいきたいものです。


現在の三味線の弾き手のみなさんは、お姉さんの孫弟子に当たる方達です。
5月5日の本番は揃いの着物で演奏されると思います。


早瀬の観光案内図。


子供歌舞伎のリハーサルが行われた早瀬観光センター(左の白い建物)は
久々子湖(くぐしこ)と若狭湾を結ぶ川沿いにあります。


早瀬観光センター前の八重桜が満開でした。

カテゴリー: がんばろう、日本!, 作家の紹介, 地方の話しあれこれ…, 渡辺弘子の布絵の世界 パーマリンク

渡辺弘子の布絵の世界Vol.6『三番叟(さんばそう)』 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 福井県美浜町の『広報みはま』 | Textile-Tree 編集長ブログ

  2. ピンバック: 「若狭の焼き鯖」は、なんと美味しいこと!! | Textile-Tree 編集長ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です