2012「JFWインターナショナル・ファッション・フェア(IFF)」Vol-3

JFW-IFFは日本のファッションビジネスにおける最大級の展示会です。
7月展の出展社は国内外で約750社、来場者は3日間で約25,000人。
「アジアから世界へ」をテーマに、アジアファッション連合界(AFF)の
オープニングセレモニーとファッションショーを開催しました。

AFFとは、日本、韓国、中国、シンガポール、タイ、ベトナムの
6カ国が加盟し、自国の生活文化やファッション産業などの相互理解と
相互協力、アジアンファッションの世界発信を目的に活動するもの。
ファッションショーでは、それぞれの国を代表する6人のデザイナーの
クリエーションが披露されました。

アジア諸国からは、109社が出展した最大級のインドパビリオンをはじめ
インドネシア、タイ、バングラディシュ、中国、韓国、台湾、香港などが
自国の特徴を生かした製品を出展。


・・・・インドパビリオンでは、ストールや装飾的なサンダル、
バッグ、アクセサリーを展示・・・・


・・・・インドネシアでは伝統素材のイカット(絣)や
バティック(ジャワ更紗)を用いた製品を展示・・・・


・・・・色使いやデザインに民俗衣装的な要素が色濃い
インドネシアのメーカー・・・・


・・・・藍染めのバティック工房・・・・


・・・・バティックや刺繍を華やかな色使いで、
ヨーロピアンテイストにアレンジさせたブランド・・・・

伝統的な織りや柄など、魅力的な伝統技術がありながらも
デザインとしてはまだまだ洗練さに欠けるアジアのメーカーと、
日本のデザイナーのクリエーションやディレクションが
どうコラボできるかが今後のテーマになりそうです。

初出展となったハワイ州産業経済開発観光局がオーガナイズした
10社が集結したハワイパビリオンも注目でした。
ギネスブックに掲載された「世界一大きなアロハシャツ」の展示や、
ミスハワイが来場し、ハワイアンファッションをアピールするなど
州を挙げてのPR。
アジア諸国をはじめ、自国の伝統文化を大切にしたファッション産業が
世界に向けてこれからどう伸びていくのかに関心が高まります。

カテゴリー: がんばろう、日本!, ちょっと感動の企業や商品の取材 パーマリンク

2012「JFWインターナショナル・ファッション・フェア(IFF)」Vol-3 への3件のフィードバック

  1. 長田百合子 のコメント:

    ちょっとけだるい感じのファションが漉きですね

  2. 長田百合子 のコメント:

    アジアのちょっとけだるい感じのファションが好きですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です