秋田県二ツ井町、日本一高い天然秋田杉

今年の夏休みは、秋田県二ツ井町にある妹の旦那様のHさんの実家に
姉妹夫婦揃って出かけました。


・・・・二ツ井に向かう途中は、青い空、白い雲、緑豊かな水田の
懐かしい田園風景が広がります。うっすら稲穂も色づいてきたようです・・・・

二ツ井町は白神山地の玄関口。
地下水から引いている水道水は夏でも冷たく美味しく
夜は天の川も見える満天の星空!
家の縁側から覗く国道の杉林の向こうは白神山地です。
HさんのT子お母さんは「あの雲の下は青森…」と
小さいときからそう感じながら暮らしてきたそうです


・・・・家の縁側からみえる畑の向こうが国道で、その奥に白神山地がひろがります・・・・


・・・・バッタもたくさん見かけました・・・・

3泊4日の日程のうち、2日間は車の移動でとられるため
実質の滞在は2日間。
2日目の朝は畑や庭にあるミョウガの収穫をしました。
ミョウガの収穫はもちろん、
初めてミョウガが生えているところを見た主人は大興奮!
朝は採りたてのミョウガのお味噌汁です。


・・・・笹の葉に似たのがミョウガの葉っぱです・・・・


・・・・ミョウガは筍のように地面から顔を出すので葉をかき分けて探します・・・・


・・・・あります、あります!・・・・


・・・・あっという間にこんなに収穫です・・・・

朝食後は車で4〜5分のところにあるお寺に。
杉林に囲まれた美しい墓地に眠る、お父さんのお墓参りです。
営林署に勤め、山菜採りの名人だったお父さんにぴったりな永眠の地です。


・・・・杉林に囲まれてお父さんが眠る美しい墓地。空気が浄化されていて癒されます・・・・

3日目は家から車で30〜40分くらいのところに
日本一高い天然秋田杉があるということなので出かけました。
訪れた「仁鮒水沢スギ植物群落保護林」は、日本を代表する超一級の杉美林。
その数約3000本、樹齢200年前後の天然秋田杉の巨木が林立しています。
しかし、避暑を期待していた秋田も、今年はまだ30度以上の猛暑。
沢が流れるジメジメした山の中は、まるで熱帯雨林のような蒸し暑さです。
高さ50m以上、直径100cmクラスの巨大杉は
もしかしてこのような自然環境だからできたものかもしれません。


・・・・「仁鮒水沢スギ植物群落保護林」の入り口・・・・


・・・・この森林は現在残されている、学術的にも貴重な
「天然秋田スギの代表的な林」であり、保護林・秋田県天然記念物として
保存が図られています。散策コースでは樹齢200年前後、
高さ50m以上の天然秋田杉をたくさん見ることができます・・・・

杉の香りには鎮静作用があるといいます。
天まで届きそうな、まっすぐで太く美しい杉に囲まれたこの場所は
まさにパワースポット!
「ここには神がすんでいる。杉のパワーを感じる!」と、
主人はちょっと興奮気味。


・・・・駐車場から標高差が50m程。散策路が整備され
木の歩道が渡してあるのでサンダル履きや、
年配のお母さんと一緒でも大丈夫でした・・・・


・・・・でも油断大敵!・・・・


・・・・左右は沢になっていて、気持ち良さそうな水が流れています・・・・


・・・・所どころに名前が付けられた高さ50m以上の巨大杉が。
樹高54m・直径88cmの「秋田美人杉」・・・・


・・・・樹高56m・直径102cmの「恋文(こいぶみ)杉」・・・・


・・・・成長が早くまっすぐで病虫害にかかっていない木を「精英樹」といい
この子供苗が苗木として植えられていきます・・・・

その主人がもう一つ夢中になったのは「ミズ採り」です。
「ミズナ」とも呼ばれるミズは、秋田の県北地方では夏の山菜の定番。
高く深い山の沢沿いや、ジメジメして日の当たらない場所を好むミズにとって、
この保護林はまさに条件が整った好適地!
T子お母さんは目ざとく見つけ、早速息子のHさんや主人に指示。
両手の杖で、「ここにある、そこにある」と指図しながら山歩きです。
“師匠”に教えていただきながら、主人はすっかり「ミズ採り」の虜に。


・・・・T子お母さんの指導のもと、ミズ採りに夢中です!・・・・


・・・・トンボや野いちごなどにも出会います・・・・

このミズは根元が太く赤い“赤ミズ”で、粘りが強く柔らかく
地元の人に最も好まれているミズです。
茎の先端には“ミズのこぶ”と呼ばれている球状のものが
ついていました。

“ミズのこぶ”は秋にかけて膨らんでくるもので、
今はまだ小さかったですが、地元の方はとても珍重しています。
ネバネバ感が強く、すりつぶして納豆やナメロウのようにしてご飯にかけたり
塩漬けにして漬け物に混ぜたりして食べます。


・・・・これが日本一高い天然秋田杉の「きみまち杉」。
推定樹齢250年・樹高58m・直径164cmあり15階建てのビルに匹敵する高さ。
この木1本で、53坪の木造住宅一戸が建てられるそうです。
(高すぎて上まで写すことができません…)・・・・


・・・・巨大杉に囲まれた休憩所の東屋もいい雰囲気・・・・


・・・・テーブルは巨大杉の輪切り!真ん中に立てているのがミズです・・・・

その晩、早速採取したミズを油炒めにしていただきました。
シャキシャキ感と粘りがある、とっても美味しいミズでした!
このほか、さっと湯通しして塩昆布と和えて
お漬け物風にして食べるのも定番です。
山の恵みをちょっとだけ分けていただきました。
山の神様、美味しいミズをありがとうございました!


・・・・“山の神様”を感じるような本当に美しい杉林です・・・・


・・・・いつの間にか先頭を切って歩いているのは今年84歳のT子お母さん。
今回の散策の主役になっていました!・・・・


・・・・常にT子お母さんは、杖で指示をしながらミズ採りを“指導”します。
ビニール袋一杯にミズを収穫して家路につきました・・・・

お墓参りが目的の帰省でした。
特別な観光地に行かなくても
自然豊かな二ツ井は、どこに行ってもパワースポットだらけ。
中高年だけのちょっとした夏休みでしたが、
家族の楽しい思い出をまた一つ刻んできました。

カテゴリー: がんばろう、日本!, 地方の話しあれこれ… パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です