温かいもの

私は体格も良く、体も丈夫な方で、
たまに風邪を引くくらいで、
ほとんど病気をしたことがありません。
あまり細かなことを気にしない性格ですが
裏を返せば繊細さに欠けるのだと思います。

今年の1月、誕生日の次の日に高熱でダウン。
2日間熱が下がらず・・・
熱が2日も続いたのは初めてでした。
3日目でようやく下がりましたが、
次の日が岡山出張だったので
その準備のためにほとんど寝ないで
そのままGO!
へろへろの状態で、なんとか3泊4日の出張を終えて
夜中に帰ったら、あの悪夢が・・・

食事がなかなかできない状態が続きました。
心も体もクタクタで、食べることよりも横になりたい。
睡眠はよくとれていたと思いますが
食べられないのです。
そういう時に素直に受け入れられたのが
おかゆとお味噌汁でした。
不思議ですがおかゆと梅干が
体調の悪い時にはなんて美味しいことか。
添加物食品は全く受け付けませんでした。

DSC_0246

お味噌汁は(宣伝するわけではありませんが)
茅乃舎の出汁に助けられました。
野菜やキノコなどの具沢山味噌汁は本当に美味しく
豆乳を入れたり、おじやにしたりが、ずっと続きました。

とにかく温かいものに癒されました。
ホカロンを4〜5枚貼っても寒く、
白湯が本当に美味しく、
こんなにお風呂がありがたいと思ったことは
ありませんでした。

主人はいつも足が冷たいといっては靴下を重ね、
寝る時も寒い寒いと沢山着込み
1日に何回もお風呂に入っていました。

私は体が弱っていた主人に
もっと気遣ってあげるべきだったのです。
自分が体調を崩して初めて主人が
どれだけ辛い思いをしていたかに気づきました。

主人はまるで欧米人のように
愛の言葉やスキンシップを求める人でしたが
私は適当にあしらっていました。

主人は体も心も弱っていたので温かいものが
無性に欲しかったのです。
そのことに今気がつくなんて・・・
本当に申し訳ないことをしてしまいました。

カテゴリー: 編集長の雑談やお知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です