ike!ike!Bentoカスタムエプロン遂に上陸♡

こんにちは!Textile-Tree特派員のリヴィ・あいです!

じゃじゃーん!とうとう編集長から
ike!ike!Bentoのカスタム・エプロンのプレゼントが
ソルトレイクに上陸♡
と言っても実は10月の終わりに頂いたのですが、
なかなか3人揃ってのお披露目が出来ず
やっとこの日のイベントにてデビュー!!!
編集長の取材で前々から気になっていた
前掛け専門店のエニシングさんで
念願のセミオーダーで作っていただけるということで、
編集長とふたりでどの字体がいいか、
レイアウトがいいか、
考えてアドバイスしてもらって
遂に完成ヽ(^。^)ノ

私とナオミちゃんで翻訳のお手伝いをさせてもらった
布絵の本の「おたやんTシャツ」とともに、
ike!ike!Bentoの公式ユニフォームに♡
編集長本当にありがとうございまーす!!!
最高のプレゼントいただきました♡

apron 1
じゃーん!日本からつなぐ通信とおたやんTシャツとともに、
待ちに待ったエプロン到着💗

apron 2
やっと3人で撮るチャンスが!なんか棒立ちですが(笑
ナオミちゃんとお母さんと一緒にポーズ。
ike!ike!Bentoシスターズw

apron 3
千客万来の願いを込めての招き猫ちゃんと、
いけ!いけ!の字体は日本っぽく勘亭流で♪

apron 4 apron 5 apron 6 apron 7

この日のイベントはサンクスギヴィングのあとの
ギヴィングチューズデーと言うことで、
Cotopaxiという若者に人気のアウトドアショップとi
ke!ike!Bentoが所属している
Spice Kitchen Incubator の母体である
International Rescue Committeeのコラボで、
身近なRefugee(難民)をサポートしようというものでした。
このお洒落なアウトドアのお店の2階の事務所の一角で
私たちはコロッケを揚げて売っていました(笑

apron 8 apron 9 apron 10 apron 11
そこになぜかかわいい珍客も乱入!
なんとアルパカちゃん2匹が
事務所までやってきたんです。
ん?どっかで会ったような・・・。
そうなんです、ファーマーズマーケットの人気者でしたね。
どうもこのお店Cotopaxiのマークがアルパカなので、
そのつながりで招待された?という噂も。

apron 12 apron 13
お店の前のこのトラックでは、このイベントの趣旨である
Refugeeをサポートするために、
旗を買って(一枚$20)そこに書き込みをすることで
寄付をするというのが行われていました。
旗は後ほど街のどこかに飾られるとか。
そこで、ike!ike!Bentoも一枚購入。
たまたまミシガンから遊びに来ていたお友達のユキちゃんにも
猫の絵も描いてもらいました(*^^)v

最後に私たちもCotopaxiから
人気のバックパックをいただきました♡
ひとつひとつ色を選んで
継ぎ当てられて作られるこのバックは
二つとして同じものがないとかΣ(゚Д゚)
これがまた人気の秘訣かもしれませんね!
CotopaxiとInternational Rescue Committeeの別のコラボでは、
Refugeeの家に寄付されたコンピュータを設置して
インターネットを繋げて、
コンピュータースキルを指導するというものもあります。
https://www.facebook.com/Cotopaxislc/photos/a.1230677976954956.1073741828.1156376194385135/1258364637519623/?type=3&theater
こんな風にアメリカって若い人たちの作る会社が
ファッショナブルでお洒落なだけでなく、
人を助けようというコンセプトを
さっくりと取り入れたりしてて、
こういうのが本当に恰好いい!っていうんでしょうね。
それでいてちゃんとビジネスとして成り立っているというところ・・・
勉強しないといけないですね(笑

Share
カテゴリー: エコや気になるマーケット, ソルトレイクやアメリカの話し パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>