女子プチ旅行♪ セント・ジョージ

こんにちは!Textile-Tree特派員のリヴィ・あいです!

なんと超久々に女子プチ旅行に行ってきましたー!!!
しかも多忙な折り紙ジュエリーのくみこさんと
友達の和美ちゃんが合間を縫って、
ラスベガスに近い南ユタのセント・ジョージの
旅行を計画してくれて大感激!(^^)!

ユタに引越してきて割とすぐに
サンフランから友達が来てくれて、
Goaも連れて一度南ユタの
国立公園巡りをしたのですが、
それ以来の女子旅行💕
わくわく!

trip 1
土曜の朝早くソルトレイクをしゅっぱーつ!
お天気にも恵まれ、山がきれいに見えます。
山の上にはまだまだ雪が。

Trip 2
途中のサービスエリアで移動中のお馬さんたちに遭遇。
長旅なのか、外にでたそーに暴れてる!
目隠しがさりげにメッシュになってることが発覚。
早く、草原にでて走れるといいね。

Trip 3 trip 4
4時間ほど和美ちゃんが運転してくれて
セントジョージに到着。
さっそくランチ♡
絶景をみながら、アメリカンなランチ。
私はフィッシュ・タコスを食べたのですが、
なかなか美味でした。

Cliffside Restaurant

trip 5 trip 6 trip 7 trip 8 trip 9
ここは州立公園 Snow Canyon State Park
映画のセットのような地層が広がる。
公園内には赤いロックと白いロックがありますが、
ここは広大な赤いスロープが広がっていて、
ヨガをしてるグループもいました(笑
でもなんかこういう広大なところにいると
とっても開放された気分になり、
飛んだり踊ったりしたくなるものです。
そしてなんて自分はちっぽけな・・・ともww
日本にはこの規模のキャニオンってないと思うので、
目から鱗です。

trip 9 trip 10 trip 11 trip 12 trip 14
Snow Canyon State Parkの中のPioneer Names。
よく見ると壁にモルモンのパイオニアの
子供たち(?)が彫った名前が見えます。
そして、ほぼ直角に近い斜面を
ロッククライミングしてる人たちがいて
ちょうど降りてくるところだったんですが、
見入っちゃいましたΣ(゚Д゚)
アメリカ人の身体能力ってすごいですね。

trip 15 trip 16 trip 17
ここも同じ公園内のJenny’s Canyon.
切り立った洞窟の奥には積み石がおいてありました。
そしてこの崖の上の方に、大きな鳥が巣を作っていて、
主のように上から私たちをチェックしているよう
に鳴きながら舞い、
なんかおとぎの国に来たような気が。

trip 18
Sand Dunes なぜか砂丘が。
この砂はホントに目が細かくて赤い。
手ですくって握りしめてもするすると落ちていく。
その感覚が何とも言えず癒されるのです。
なんか箱庭療法ってわかる気がしました(笑
子供たちのいい遊び場にもなっていました。

trip 19 trip 20
キャニオンの中にあるシアター。
Tuacahn Amphitheater
アーツスクールも併設されていて、
寄付した人たちの名前が彫られてました。

trip 21
日曜日の朝ご飯。おもいっきりアメリカンww

trip 22
セント・ジョージのモルモン教会。
桜と青空に映える白亜のテンプル。

trip 23 trip 24 trip 25 trip 26 trip 27
最後にいったのは、Pioneer Park.
ここにもすごい切り立った割れ目に、
子供たちが\(◎o◎)/!
日本のおばさんたちが、これ通るのムリじゃない?
なんて躊躇してる間に
次々にアメリカ人の老若男女が突撃。
えーー?おばあちゃん、平気なの?って
心配もよそにみな割れ目に
吸い込まれて行きました。

アメリカ人は怖いもの知らず・・・
日本人は石橋叩きすぎ?笑
この割れ目を上から見ましたが、
やっぱり怖い💦
広大なキャニオンのてっぺんでは
やっぱり”グリコ”!
そしてミニアーチでかしまし娘たちも
記念写真撮ってもらいましたー!

というわけで、あっという間の一泊女子旅行。
夜にはホテルでキャラもののフェイスパックをして
大騒ぎ。帰りはソルトレイクでラーメンで締めて解散。
あーーーー、めっちゃ楽しかった。
忙しい中いろいろ調べて
段取りしてくれたくみこさん、
和美ちゃんホントにありがとう💕
引越し前に素敵な思い出ができました。

海派でユタに来るまでは
キャニオンとか見たことがなかった私ですが、
ここの国立公園や州立公園はやっぱりすごい!!!
必見でーす。
大げさでなく世界観が変わりますよ(^_-)

*写真はくみこさん、和美ちゃんが
撮ってくれたものも含んでいます。

Share
カテゴリー: ソルトレイクやアメリカの話し パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>