2013春夏ファッショントレンド

三菱レイヨン・テキスタイル(株)の
2013春夏ファッショントレンド・セミナーの一部をご紹介します。

このセミナーは三菱レイヨン・テキスタイル(株)の素材展と
同時開催されるもので、ファッションコーディネーターの
笠原淑郎氏の解説とトレンドブック(A4/20P)付き。
マーケットやライフスタイル背景、素材、カラー、各アイテムのポイント、
そしてスタイリングイラストなど、とても充実した構成です。
しかも“受講料無料”ですので、これは絶対おススメです!


・・・・表紙や中面のイラストはイラストレーターの鄭貞子さんです・・・・

素材展は『あいだの力』をテーマに、
三菱レイヨン・テキスタイル(株)が世界に誇るトリアセテート素材の
数々の機能素材が展示。
“クールビス”素材への関心の高まりもあり、かなりの賑わいでした。
このレポートは後日『素材の話』でお伝えします。

2013春夏のファッションは「ENERGY CHARGE〜活力供給〜」を
テーマに、引き続きネガティブな状況から
「より前向き」に「明るさ」を求める傾向にあります。
特に人々の心と体に「活力」を与えてくれるファッションが求められ
「色の力」は増々重要。
「活力のある色」として、オレンジ〜赤〜ピンク、
メタリックや蛍光色が台頭しています。


2013春夏のファッションストーリーの5つのテーマです。
(イラストは一部を紹介)

【1】『Raw Minimal/未加工の魅力』
ナチュラルやラスティックなスタイルはよりモダンでミニマルな傾向へ。
未完成・未加工な作りのデザインや素材の魅力。
色には蛍光色がアクセントカラーで差し込まれます。

【2】『Exotic Graphics/エキゾティック・グラフィックス』
エスニックなムードは、より洗練された大人の表現へ。
イヴ・サンローランの別荘があることでも知られ
世界文化遺産にも登録されている
モロッコの美しい都市マラケシュのイメージが注目です。

【3】『Growing Nature/グローイング・ネイチャー』
「自然」の新たな解釈。ファクトリーファーム(植物工場)のように、
人工的な自然が増加している中、
ファッションも従来的な自然モチーフではない新しい表現を。
新しい加工のナチュラル素材、
緻密な植物図鑑モチーフや化学的に処理された植物柄など。

【4】『Favorite Vintage/フェバリット・ヴィンテージ』
楽天的で古き良き時代のイメージとして50s〜60sが浮上。
スターレット風スタイリング、エアーフランスやパンナムの
スチュワーデス(この時代はこう呼ばれていました)風
サブリナスタイルなどがポイント。
インテリアファブリック、ピケ、パイル素材なども復活。

【5】『Up-cycle・アップサイクル』
リサイクルをさらに進化させ、アート的な表現にまで高めたテーマ。
古着、リメイク、ワークウエア、スポーツウエアなどの要素がミックスされ
男女の性差を超えた「トランス・ジェンダー」
修繕したり転用して再使用する「トランス・ユース」の発想もポイント。

 

カテゴリー: シーズンのトレンド情報, 展示会・セミナー情報 | 3件のコメント

「本物志向」の気になるブランドは…


2012年はロンドンオリンピック開催もあり、
引き続き英国トレンドも本命から外せません。
「本物志向」が強まっている今日は
老舗ブランドの素材や柄がクローズアップされ
昨年秋冬のトレンドになったハリスツイードの「次」を求める
老舗ブランド探しが2012春夏でも行われています。
1月25〜27日に開催された「JFW / IFF」でも
その傾向をいくつか見ることができました。

アパレルの総合卸商社「(株)根来」では
秋冬に提案していた「ハリスツイード」
「ミラレーン」のワックスコットンに加え
老舗シャツメーカーからセレクトしたプリント柄や
英国王室御用達のチェックが提案されています。
開発営業部長の藤本さんからお話しを伺いました。


1908年創業の伝統あるイタリアのシャツ地メーカー「レジウノLEGGIUNO」。
製糸からフィニッシングまですべて自社工場で管理。
トレンド表現も得意なメーカーです。
バッグの生地は一見、コーティングされているようですが
コーティングは一切無しの高密度のシャツ地が使用されています。


「(株)根来」では数あるプリント柄の中から小花柄をセレクト。
やはり「リバティ調」は根強い人気があり、評判もいいようです。


ポルトガルの高級シャツ地メーカー「ソメロスSOMELOS」


1876年設立のイタリアの三大生地メーカーである「アルビニAlbini」
南仏風のシンプルな小花プリント柄が今年のトレンドを漂わせます。


1976年創業の英国伝統の織物メーカー「トーマスメイソンTomas Mason」の
色使いが新鮮なガンクラブチェック。ポストタータンの有力チェック。
「トーマスメイソン」は1991年にイタリアの「アルビニ」に買収され
傘下に入っています。


英国王室御用達の世界最大のタータンメーカー「ロキャロンLOCHARRON」
多色の美しい色使いが特徴。
エリザベス女王、故ダイアナ妃などは
ご自分のオリジナルタータンを持っています。
「ラルフローレン」「ヴィヴィアン・ウエストウッド」など
世界の有名ブランドにも愛用されています。

 

 

カテゴリー: シーズンのトレンド情報, 展示会・セミナー情報 | コメントする

2012-13秋冬ファッショントレンド

アップするのが大変遅れてしまいましたが
「三菱レイヨン・テキスタイル(株)」の
2012-13秋冬ファッショントレンド・セミナーの一部をご紹介します。


・・・鄭貞子さんの、うっとりするようなイラストが満載です!・・・

このセミナーは素材の展示会と同時開催しているもので
無料で受講できます。
ファッションコーディネーターの笠原淑郎氏の解説と
充実のトレンドブック(A4/20P)付き。
マーケットやライフスタイル背景、素材、カラー、各アイテムのポイント、
そしてスタイリングイラストなど、とても丁寧な構成です。
毎回、声を大にお知らせしているのですが
「絶対、お得なセミナーです!」

一部をご紹介します。

2012-13年秋冬のファッショントレンドは
ネガティブな出来事が続いている環境の中から
「魔法の杖の一振り」「心を魅了するファンタジー」を
求める傾向にあります。
「OPPOSITE ATTRACT〜引きつけ合う対照〜」をテーマに
5つのファッション・ストーリーが提案されています。
色や素材、スタイリングなどの異種配合、
相反する双方向の要素が結びついていくのがポイントです。

『Winter Landscapes/冬の光景』
暖かな冬籠り支度をイメージする
量感のある重ね着スタイルのテーマ。

『Human Laboratory/人に優しい実験室』
未来の可能性を生み出す先端的科学技術に、
ロマンティックなテイストを加えたテーマ。

『Sensual Sweets/官能を刺激するお菓子』
ロココ調やエンパイアラインなどを取り入れた
官能を刺激する華やかでロマンティックなテーマ。

『Club Society/仲間社会』
社交場としてのクラブや、40年代50年代、エレガントな70年代を
イメージソースにしたクラス感覚のテーマ。

『Eclectic Fantasy/夢を自由に』
東西文化の交流など、エキセントリックな装飾や
自由な折衷スタイルを創造するテーマ。




カテゴリー: シーズンのトレンド情報 | 1件のコメント

2012秋冬ファッショントレンドセミナー(無料)

三菱レイヨン・テキスタイル(株)の
展示会と2012秋冬ファッショントレンドセミナーのご案内です。
セミナーは1日3回ありますので、
ご都合の良い時間を選んでください。

無料です!!

前回初めて参加しましたが、
素晴らしい資料付きのこのセミナーが「無料」とは
本当に驚きました。
一緒に参加した友人たちも大満足でした!
三菱レイヨン・テキスタイルの展示会もご覧いただけます。

詳しくは下記のパンフレットをご覧ください。
お申し込みはFAXで!(締め切りが迫っています)

■開催日:11月24日(木)・25日(金)
■費 用:無料
■会 場:時事通信ホール・ギャラリー(時事通信ビル2F)

※地図はこちらです


カテゴリー: シーズンのトレンド情報, 展示会・セミナー情報 | コメントする

2012年春夏ファッショントレンド

先日行われた「三菱レイヨン・テキスタイル(株)」の
展示会と2012年春夏ファッショントレンドセミナーの一部をご紹介します。

・・・表紙や中面のイラストは日本のトップクラスのイラストレーターの
鄭貞子さん。いつ見ても本当に「上手いなあ…」と思います・・・

このトレンドセミナーは、三菱レイヨン・テキスタイル(株)が
素材展示会と同時にこの数年併行・同時開催しているもの。
ファッションコーディネーターの笠原淑郎氏の解説と
A4/20Pの丁寧なトレンドブック(A4/20P)付きで
これが「無料」かとは、本当に驚きでした。

展示会は、三菱レイヨンが世界に誇るトリアセテートの「ソアロン」と
ナチュラルタッチを追求したポリエステルの「ソルーナ」がメインです。
スーパーブランドにも多く使用されている「ソアロン」は
“漆黒”とも言える黒の色合いと
着た時にその違いがよく分かる、程よい落ち感のある
シルエットの美しさが高い評価を得ている素材です。

2012年春夏のファッショントレンドは
5つのキーワードからなる
5つのファッション・ストーリーが提案されていました。

「素」
複雑さや無駄な飾りを嫌い、簡単・素直、素の魅力に
惹かれるテーマ。
『CLINICAL SIMPLICITY クリニカル・シンプリシティ』

「混」
既成の枠組みや専門性を破り、混じり合うことで生まれる
新しい価値のテーマ。
『CREOLE CULTURE クレオール・カルチャー』

「継」
断片的情報や目先の変化を超えた、継続・継承することの
奥深さのテーマ。
『MODERN SHAKERS モダン・シェーカーズ』

「力」
不況や高齢化、少子化の進む社会を元気に!
活力への憧れのテーマ
『COLOR EXPLOSION カラー・エクスプローション』

「変」
常識や安定に潜む退屈さ、
変化は冒険であり適応でもあるとするテーマ。
『HYPER NATURE ハイパー・ネイチャー』





カテゴリー: シーズンのトレンド情報 | タグ: , , , | 1件のコメント

2012春夏ファッショントレンドセミナー(無料)

三菱レイヨン・テキスタイル(株)の
展示会と2012春夏ファッショントレンドセミナーのご案内です。
セミナーは1日3回ありますので、
ご都合の良い時間を選んでください。
無料です!!
詳しくは下記のパンフレットをご覧ください。
お申し込みはFAXで!(締め切りが迫っています)

■開催日:6月7日(火)・8日(水)・9日(木)
■費 用:無料
■会 場:時事通信ホール・ギャラリー(時事通信ビル2F)
※地図はこちらです

カテゴリー: 展示会・セミナー情報 | コメントする

2011秋冬コレクション、気になるトレンドは…

2011秋冬コレクション真っ最中!
ミラノコレも終わり、これからパリコレが始まりますが
今シーズンのコレクションはなんか変…
はっきり言えば「中国好み」に偏っているようで
ビジネスとはいえ、「本当にいいの?」
とにかく、トレンドが分析しにくいシーズンでもあります。
もしかして、もうコレクションが放つ「トレンド」というものは
力を持たなくなってしまったのかもしれません。
全体の傾向を見るよりも、「自分の感覚」を研ぎすませて
気になるものをピックアップする事が大切かもしれません。

そういう中でも、気になるトレンドは…
まずこれをご覧ください。
昨年、友人のニットデザイナーさんが「余り毛糸」で編んだものです。
素敵でしょう!

実はこれって、一昔前のお母さん(つまりおばあちゃま)が
よくやっていた事なのです。
余った半端な毛糸は鉤針モチーフを編んでつなげたり
古くなったセーターをほどいて(毛糸が弱っているから)
2本取りにして新たなセーターを編んでくれたものです。
この「グランマ・クラフト」が今シーズンのコレクションでも
ちらちら顔をのぞかせています。
けど、その表現は「いかにもクラフト」というものではなく
フォルムやデザインがとってもモダンです。
「温もり」は引き続き今シーズンも重要な要素ですが
表現は「モダンに」「グラフィック的に」というのがポイントのようです。

下記のサイトでご覧ください
Burberry Prorsum
Paul Smith
Christopher Kane

 

カテゴリー: コレクション情報, シーズンのトレンド情報 | 2件のコメント

大人文化が輝く「本物力」の時代。

この時期、いつもはコレクショントレンドを追いかけているのですが
今年は『テキスタイル用語辞典』制作もあり
「素材一筋」で資料や取材、ネットの世界を行き来しています。
そういう中で見えてきたのは
「時代は本物志向」に向かっているということです。
「かわらぬ価値を持つ…普遍的なモノや人」に
価値観がシフトし始めているように思えます。
(おそらくファッションだけではないでしょう)

アメリカンワークウエア、ミリタリークロージングが輝き始め
「作業着」「軍もの」「アウトドア」「トラッド」などの
プロトタイプの素材やアイテムが掘り起こされてきています。
おそらくレディスにも影響が出てくるでしょう。
軍服素材のアーカイブ、NASA使用の素材、ジュート素材、グローブレザーなど
無骨なものが、着込まれ、使い込まれてこそ
“いい味”が出てくる…
そこに惹かれているのです。
そういう「物語」に惹かれるのです。

今シーズンの素材展や展示会でも
本物志向を反映し、「素材の本物性」をそのままをブランドとして
打ち出しているメーカーがありました。

株式会社 根来」で展開している「ハリス・ツイード」のブランドです。

ご存知ハリス・ツイードは
スコットランドのハリス島で伝統的な手法で織られている
「キング・オブ・ツイード」と称される
がっちりとした最高級ツイードです。
厳しい品質基準をクリアしたものにのみ
「ケルト十字」をモチーフにした商標マークがつけられます。

「株式会社 根来」は知名度の無いブランド名をつけるより
「ハリス・ツイード」そのままの方がインパクトがあると
このケルト十字の商標マークをそのまま使用しました。

本来は「ヒース・カラー(ヘザー・ミクスチャー・カラー)」と呼ばれる
植物のヒースで染められた独特の色合いが特徴ですが
このオレンジやピンクのハリス・ツイードは
なんと鮮やかでカワイいこと!

素材もケンピ入りやチクチク感は残しながらも
ウエイトは軽くしています。
重くハードなイメージのハリス・ツイードが
70年代の「ハマトラトラ」のようにアレンジされているのが
今までにはない新鮮なイメージです。

もうひとつの伝統素材は
「ミラレーン」のワックス・コットンです。
オイル・クロスともいい
世界初の防水生地として1880年に開発されました。
ワックス・コットンのタグがそのまま商品に使われます。

ハリス・ツイードの帽子やマフラーなどは
ラルフ・ローレンを作っている中国の工場で
靴はバングラディッシュ、雑貨はタイと
インターナショナルなもの作りです。

「素材のブランド力」「素材の本物力」を利用し
そこに新しい感性を付加したモノ作り…
新しいビジネスモデルとしてこれから応用されていきそうです。

世界中の「歴史や伝統ある本物」の技術や素材とのコラボは
プラダでも新しいプロジェクトとして始められているようです。

Free & Easy』3月号では「年を取るほどカッコいい男」を
「DAD’S STYLE」として特集していました。
「カッコいい」価値観に異変が起きているようです。
知識と経験に裏付けられ、本物の価値を知っている
「大人文化」の時代がようやく始まるのかもしれません。

カテゴリー: シーズンのトレンド情報, 展示会・セミナー情報 | 1件のコメント

なぜ今70年代がトレンドなのか…

2010秋冬コレクションあたりから気になり始めていた
「70年代調」ですが、2011春夏コレクションでは大きく浮上!
マーク・ジェイコブスは、まさに70年代そのものでした。
この冬ブレイクしているフェアアイル柄などのノルディックセーターや
ケープやポンチョ、マキシコートも70年代に流行したものです。
2011秋冬もこの傾向は継続するものと思われます。

70年代のアーカイブを紐解くと
今欲しいトレンドアイテムがザクザクです!
下の写真は70年代のBUS STOPとBIBAです。

では70年代はどういう時代だったのでしょうか…
実は、驚く程今の時代と似ているのです。
アメリカのドルショックが日本を直撃し
「高度成長時代から省エネ時代へ」とシフト。
「消費は美徳」から「節約は美徳」となったのです。

ファッションも多様化しました。
注目すべきは、ストリートから流行がつくられる
「アンチ・モードの時代」となったことです。
ヒッピーやフォークロアなどの民族調が人気になり
シルエットは長く・大きくの「ビッグ・ルック」へ。

ベトナム反戦運動が高まる中
米軍払い下げのアーミーファッションも大ブームに!
一方では「チープ・シック」が流行語になり
安くて丈夫な、ワーク・ファッションも浮上。

アパレルメーカーが作り出すファッションではなく
「作業着」「軍もの」「スポーツウエア」が
トレンドファッションとして躍り出たのです。

まさに今の流行をみているような現象です。

そして70年代で注目されるもう一方のトレンドは
「本物志向」「トラッド志向」です。
後に「インベストメント・クローズ」といわれた
「投資価値のある服」という意味です。

次回はそのことについてお話しします。

カテゴリー: シーズンのトレンド情報, ファッションカルチャー | 4件のコメント

2011秋冬の本命は、ツイーディな「英国調トラッド」

本日から「ファッショントレンドnet!」のスタートです!
展示会情報、ストリートやショップ情報、
来シーズンのトレンド情報などを随時アップしていきます。
ご期待ください!

いよいよこれからニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリと
レディスのコレクションも始まり
2011秋冬ファッショントレンドも気になるところです。
ファッションの流れも持続可能な「サスティナビリティ」に向かい
注目が高まっているのがメンズもレディスも「英国調トラッド」です。

「流行に左右されない、高品質なものを長く着る」という姿勢は
まさにトラッドの神髄!
中伝毛織株式会社」のテキスタイルブランド「TEXTOR」の
2011秋冬コレクションにも今風にアレンジされた
(決して従来のトラッドそのままではありません)
魅力的な英国調が提案されていました。

ウールは梳毛から紡毛へシフト。
ニットも布帛も嵩高があり、ボリューム感がポイントです。けど軽い!
ハリスツイードなどのスコティッシュ・ツイードに代表されるような
少しかためで、ケンプを入れたように、チクチクしたツイードが新鮮です。

ミニチュアのツイードとチェックのパッチワークジャケットが
とってもカワイかったです!

「ヒースカラー」のような伝統的な色使いです。

このボリューム感がとっても新鮮!ファンシーツイードのバック。
もとの生地を1/3くらいに圧縮!

メンズは本物志向の英国調で、かためのツイードですが
レディスは少し柔らかく仕上げています。
タンブラー仕上げをして樹脂加工を施すなど
柔らかさや膨らみ感をもたせながら、張り感やドライ感を出します。
ナチュラル感がありながら、コシがあり
構築的なフォルムを出せる素材に仕上がっているようです。


ナチュラルカラーとケミカルカラーの相反するリバーシブル使いが
今年らしい試みです。



スペインで発掘した「イヴェリコウール」
嵩高があり、とっても軽いバルキーキーウールで
ナチュラルカラーの毛がとれます。

メンズで人気の高いニットジャケット。
一見、とてもジャージーとは思えず
触ってみても布帛のようですが、ニットの着心地は抜群!
定番素材は精度が高まっています。
レディスでも人気が出そうです。

カテゴリー: シーズンのトレンド情報 | 2件のコメント