なぜ今70年代がトレンドなのか…

2010秋冬コレクションあたりから気になり始めていた
「70年代調」ですが、2011春夏コレクションでは大きく浮上!
マーク・ジェイコブスは、まさに70年代そのものでした。
この冬ブレイクしているフェアアイル柄などのノルディックセーターや
ケープやポンチョ、マキシコートも70年代に流行したものです。
2011秋冬もこの傾向は継続するものと思われます。

70年代のアーカイブを紐解くと
今欲しいトレンドアイテムがザクザクです!
下の写真は70年代のBUS STOPとBIBAです。

では70年代はどういう時代だったのでしょうか…
実は、驚く程今の時代と似ているのです。
アメリカのドルショックが日本を直撃し
「高度成長時代から省エネ時代へ」とシフト。
「消費は美徳」から「節約は美徳」となったのです。

ファッションも多様化しました。
注目すべきは、ストリートから流行がつくられる
「アンチ・モードの時代」となったことです。
ヒッピーやフォークロアなどの民族調が人気になり
シルエットは長く・大きくの「ビッグ・ルック」へ。

ベトナム反戦運動が高まる中
米軍払い下げのアーミーファッションも大ブームに!
一方では「チープ・シック」が流行語になり
安くて丈夫な、ワーク・ファッションも浮上。

アパレルメーカーが作り出すファッションではなく
「作業着」「軍もの」「スポーツウエア」が
トレンドファッションとして躍り出たのです。

まさに今の流行をみているような現象です。

そして70年代で注目されるもう一方のトレンドは
「本物志向」「トラッド志向」です。
後に「インベストメント・クローズ」といわれた
「投資価値のある服」という意味です。

次回はそのことについてお話しします。

カテゴリー: シーズンのトレンド情報, ファッションカルチャー パーマリンク

なぜ今70年代がトレンドなのか… への4件のフィードバック

  1. bwrd のコメント:

    トレンドの話、勉強になります。
    先日某リーテイラーに秋冬のプレゼンをして来ました。70年代の方向性間違っていなくて
    よかった!
    それにしても社会背景が似ていたとは、、、興味深いです。
    次の記事も楽しみです!

  2. 三宅 康代 のコメント:

    居ながらにして成田さんのセミナ-が聞けて感謝!
    これからも期待しています。
    70年代は私たちが学生の頃・・・・あのチェックはベイシティロ-ラ-ズみたい!
    私が東京に来た頃まだBIBAの入っている新宿高野が有りとても楽しい時代でした!
    蘇ってきました!ありがとうございます。(笑)

  3. 三宅康代さま
    嬉しいコメントありがとうございます!
    「ファッショントレンドnet!」では
    シーズンのトレンド情報やファッションカルチャーなども
    アップしていきたいと思っています。
    これからもよろしくね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>