テキスタイル用語辞典

*著者*
成田典子

*発行*

*編集・制作*
Textile Tree編集部

価格3,600円 
(税込3,880円)
ページ数:600ページ

textiletree内容の詳細はこちらから

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

  • <!--{$arrSTATUS[$status]}-->
商品コード:
001

テキスタイル用語辞典

販売価格(税込):
3,888
関連カテゴリ:
書籍
テキスタイル用語辞典:業界待望の本格派素材辞典。ファッションに携わるプロや学生、手芸愛好家に!
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • お勉強が楽しいです!

    2012/10/15 投稿者:あづみ おすすめレベル:★★★★★

    テキスタイルのご本、とても興味深く
    そして、届いた日から毎晩読んでます!
    へーーー!と声が出てしまったり
    凄く勉強になる、魔法のようなご本ですね!!
    お勉強が楽しいです!

  • 解説の奥の深さに感動!

    2012/03/02 投稿者:MIYA おすすめレベル:★★★★★

    とても詳細で、また美しい辞書ですね!
    解説も奥の深さにも感動しました!

  • じっくり読みたくなる辞書

    2012/03/02 投稿者:S・M おすすめレベル:★★★★★

    すごいです。
    どのページを開いても面白いし、
    じっくり読みたくなる辞書です。

  • 雑誌感覚で読めそうな辞書

    2012/03/02 投稿者:めぐ おすすめレベル:★★★★★

    辞書と言うよりもっと柔らかい、
    雑誌感覚で読めそうな本ですね。
    沢山の人に愛用されると思います。

  • 求めやすい価格が嬉しい

    2012/03/02 投稿者:I・K おすすめレベル:★★★★★

    充実した内容に対して、
    求めやすい価格でご提供頂けますことを嬉しく思います。

  • 永久保存版といってもいいのでは!

    2012/03/02 投稿者:TETSU おすすめレベル:★★★★★

    質、量ともに
    永久保存版といっていいものではないでしょうか!
    この本がテキスタイル全体の価値が高まるような
    きっかけになれば良いですね。

  • 商談などにも利用できそうです。

    2012/03/02 投稿者:ハヤシ おすすめレベル:★★★★★

    おしゃれな感じで、学生やホビーの方に楽しく読んでもらえるような
    内容になっておりますが、
    プロの方でも十分に広い知識を得るのに役立つ辞典です。
    業界の人なら商談をしていて
    作りたいもののイメージが言葉で伝わりにくいときに、
    この辞典を使うと商談がスムーズに進むことも
    多いのではないでしょうか。

  • 大きさもちょうど良く、わかりやすい解説

    2012/03/02 投稿者:ヒロコ おすすめレベル:★★★★★

    ちょうどいい大きさ厚さ 装丁もとてもきれいです。
    中身もわかりやすくてとても良いですね。
    基礎用語も写真やイラストがあり
    とてもわかりやすい解説でした。

  • 痒いところに手が届く、完璧な辞書!

    2012/03/02 投稿者:エミドン おすすめレベル:★★★★★

    ・・辞書を開いてみて、すご~~~~い!!
    見易い・読み易い・写真が綺麗
    読み応えのある解り易い文章!!
    レイアウト、カラー等とてもセンス良くて、品が良くて、
    完璧だ!!
    正に、痒いところに手が届く・・本(辞書)だと思いました。

  • こんなにワクワクするような辞書って初めて!

    2012/03/02 投稿者:Tei おすすめレベル:★★★★★

    多くの素材写真も圧巻ですが、
    興味深い素材にまつわる歴史や物語が楽しくて興味そそられますー☆
    ただの名称を覚える!知る!だけでなく、
    テキスタイルの奥深さを物語っていて
    贅沢な気持ちになりますね~♪

  • 「入学祝い」に。

    2012/03/01 投稿者:seseragi おすすめレベル:★★★★★

    浪人生の娘が、美大に合格。
    同じタイミングで『テキスタイル辞典』が発売に。
    美大でテキスタイルも学ぶ娘に、プレゼントしたところ
    「オシャレな辞典!勉強するのが楽しくなりそう」と
    大喜び。早速友だちにも紹介したいとも。
    1年間、お世話になったアトリエの先生へのお礼も
    『テキスタイル辞典』にすることにしました。