文化学園大学「けやき祭2013」ファッションショー

6月1日文化学園大学・小平キャンバスの
「けやき祭」が開催されました。
恒例の国際ファッション文化学科3年生による
ファッションショーは2012年に文化学園大学が
男女共学になって、初めての「男性モデル」が登場。
企画・演出・デザイン・製作・広報・音響・照明・ヘアメイク、
そしてモデルもすべて学生が行うショーなので
初めての男性モデルの登場は、
とても新鮮な印象をあたえました。


・・・・小平キャンパスの前の花壇に「けやき祭」の看板が立ちます・・・・


・・・・この日はオープンキャンパスなので、高校生が
ファッションショーの見学にもたくさん訪れています・・・・


・・・ファッションショーの案内状・・・・


・・・・2013ファッショーのパンフレット・・・・

今回のショーのテーマは「ACT」。
自らが考え、行動を起こすことでファッションを
表現したいという想いを込めているといいます。

モデルさんの演技力も加わり
可愛さ、幼さ、清純さ、強さ、妖婉さなど
様々な女性の顔を見せたファッションショーとなりました。

「けやき祭」のファッションショーは、
2002年よりアメリカのシアトルでも公演が行われています。
海外公演を意識してか、ショーのプログラムには
必ずといっていいほど「和」のテイストが組み込まれます。
今年のジャパネスクは『祭祀』のテーマが
オープニングで打ち出されました。


・・・・白をテーマにしたクラシックロマン・・・・


・・・・ウエディングのようなシーンには
初めて男女のモデル登場です・・・・


・・・・白、黒、イエローを基調にしたモダンな構成。
グラフィカルなテキスタイルがポイントです・・・・


・・・刺繍を効かせたフォークロア調。
モデルも服もイラストのイメージそのまま!・・・・


・・・キュートな男女カップルが印象的!・・・・


・・・クロッシェ編みなどのニットをポイントに!
セイレーン(ギリシャ神話に登場する、船乗りを惑わし遭難させる海の妖婦)を
表現。怪しげな魅力を打ち出します・・・・


・・・・エキゾチックでミステリアスな演出・・・・


・・・・流行を超えて人気のターターンは永遠の柄。
スコットランドで生まれた伝統柄としてのタータンに立ち帰り表現・・・・


・・・・ニットやデニムをポイントに雪の子のように
子どもの幼さ、可愛さを表現!・・・・


・・・・大人の女性の妖婉さを目ヂカラで表現。
ビーズワークが美しい黒のドレスのシリーズ・・・・


・・・・美しいモデルと美しいドレスのフィナーレ!・・・・

FacebookTwitterGoogle+共有
カテゴリー: 文化祭・卒業制作展 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>