絵を描くように文を書く(学ファ・あゆみ)

こんにちは!久都間あゆみです。

image1
「ときめき」(水彩、コラージュ)

先日『地球の歩き方』が募集していた、
「20代の旅レポ大賞」の受賞者が発表されました。

実は私も、この募集を〆切の数週間前に見つけ応募した、
192人の内の1人です。
しかし最終選考にも残っていません。
大賞作品は上のホームページ上で読む事ができます。
書かれた方の積み重ねて来た経験が、
一学生である私とはあまりにも違う事を痛感しました。

私はというと数日の勢いで書き上げた文章、
しかも募集されていた”旅レポ”というよりは、
心情描写を中心とした作品となってしまいました。

今読み返すと とても恥ずかしく、
公募としては自分の色を打ち出しすぎていて、
若く経験の浅い事がありありと分かるような文章です。
しかしながら生まれて初めての海外、
一人旅で感じた事を 私なりのつたない文章で書き上げた、
初めてのエッセイです。

折角だからというのはおかしいのですが、
こうして文章を発表させていただいているブログという場で、
評価などは関係なく
「普通の女の子の初めての一人旅、海外旅行」を書いた
ブログの一記事として、読んでいただきたいと思いました。
スリル溢れるバックパッカーの旅や、
ショッピングやリゾートを楽しむバカンス旅とも違う。
特別な事は何もありませんが、これが私の初めての旅でした。

「ヒロインになった日」

絵を描く、見せる。文を書く、見せる。
人に作品を見せるのは、
まさに自分をさらけ出すようで恥ずかしく、
時に怖くもなります。
でもどんなに怖くても、
発表する事を恐れては何も始まらない。
それを痛感する毎日です。

田村セツコ先生に絵や文を見ていただくと、
いつも「絵を描くように文を書き、文を書くように絵を描きなさい。」
と仰います。
セツコ先生の文章を読むと、
その意味がよく分かるのです。
どんな形の作品であれ、
それに触れる前と触れた後で 見る世界が
前よりキラキラ輝いて見える……
そんな作品を作れるように、頑張ります!

FacebookTwitterGoogle+共有
カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>