「長靴をはいた猫」(by学ファ・空人)

お久しぶりです。空人です。

12月11日、12日の2日間、
文化学園大学現代文化学部国際ファッション文化学科の
卒業イベント「長靴をはいた猫」が行われました。
1年間かけてやってきたことが終わり、
ホッとする気持ちとちょっと寂しいような
そんな感情が入り混じっています。

今年の卒業イベントは、ファッションによって人が、
人の心がどのように変わっていくのか。
というようなことが大きなテーマの1つとして
進められました。

娘の衣装が物語の進行に合わせて、
そして移りゆく心に合わせて変化していく、
同じく猫の衣装も変化していく。
16世紀〜17世紀という舞台設定もあり、
古くも新しい、とても繊細な衣装が多いような
印象を受けました。

そんな中、私は娘の4体目の衣装、
ウエディングドレスを製作しました。

image1
image2

娘が弟の死を乗り越え、猫と出会い、王子と出会い、
新しい自分の姿に戸惑いながら、1歩1歩進んでいく。
そして、美しい女性へと変わった娘の心情と
元々持っていた芯の強さなど
様々な事を考えてデザインしました。

2万枚近くの布の花全てにコテをあて、立体にし、
手作業で1つ1つつけていく作業は
気が遠くなるようでしたが、
新しい娘の姿を表現できたのではないかと思っています。

image3

衣装製作完了間際、そして本番当日まで
王の座る椅子の製作をしたことは
とても良い経験だったと感じています。
今まで経験したこのとない、
舞台美術の世界を経験することができました。
おなじみの末安さん大西くん
そして今回の卒業イベント企画長のジョーソンミンくん、
そして映画・舞台衣装デザイナーコースの
加藤先生と共に製作しました。

image1-1
・・王の椅子に座る絵画の衣装を着た大西くん・・

卒業イベント「長靴をはいた猫」はセリフが多く、
演出も多様で、衣装も数が多く、
困難に直面することが全てのコースで
とても多かったと思います。

2日間全公演会場にいましたが、毎回満席となり、
入場規制をかけなくてはならないほどの
お客様に来ていただき、
お褒めのお言葉をたくさんいただけたことは
感無量です。
当日無事に全公演を行うことができましたが、
それよりも、公演当日まで自分達で考え、
行動し、作り上げる。
何度も壁にぶつかりながらも、乗り越える。
そんな過程がとてつもなく大切なのだと感じました。

image2-1

プロデューサー・ジャーナリストコース、スタイリストコース、
映画・舞台衣装デザイナーコースの学生。
そして、ご指導いただきました
文化学園大学現代文化学部国際ファッション文化学科の先生方、
外部講師の皆様、武蔵野音楽大学の皆様、日本体育大学の皆様、
設営等ご協力いただきました業者の皆様、
そして12月11日、12日、ご来場くださいましたお客様、
卒業イベント「長靴をはいた猫」に関わりました
全ての皆様に心より御礼申し上げます。

image3-1

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+共有
カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>