「papato」((by BFGU・空人))

お久しぶりです。

佐藤空人です。

文化学園大学を卒業し、
文化ファッション大学院大学(BFGU)に進学し、
約半年がたちました。

1年時終了作品の制作に追われる中、
BFGU1年の全コースが集結し、
ランダムに選ばれたメンバーでブランドを作り、
プレゼンを行い競い合う
ファッションビジネスメソッドが行われました。

7月の終わり頃から始まりましたが、
実質1週間弱で各チームが仕上げたこの企画では、
全8チームがまったく異なるブランドを作り、
デザイン、縫製、マネジメントと全てをこなし、
文化北竜館にて最終プレゼンを行います。

そんな今回のファッションビジネスメソッドで、
私のチームが1位、優秀賞を受賞することができました。

image1

日本の社会問題から発想し、“イクメン”というキーワードを基に
「papato」というブランドを作りました
ブランドネームはパパと一緒に楽しく成長していく。
から「papato」と名付けました。。

日本の男性の育児参加率は世界最低水準であり、
女性の社会進出に伴い、
男性の育児参加率の向上はマストだと感じたからです。

そんな中で、服の力で何か育児に
貢献、変化をもたらすことはできないのだろうか、
この問題に一石を投じることはできないのだろうか、
という想いでデザインチーム一丸となってデザインを検討し、
テクノロジーコースと共に仕様を考え縫製、
そしてブランド全体をマネジメントコースを中心に企画しました。

image2
実物製品

image1-1

最終プレゼンで使用する実物製品には、
サロペット、そしてTシャツを制作しました。
Tシャツには赤ちゃんを入れ、
しっかりと固定できるポケットが内蔵されており、
赤ちゃんを抱っこしない時でも、
デザインとしてしっかりと存在するように
バランスをとりました。

image2-1

サロペットには2つの機能があり、
Tシャツ同様に、サロペット上部の裏側に
赤ちゃんを入れるポケットが付いており、
さらにサロペットの肩紐を外し、
座った時に膝の上にハンモックのように赤ちゃんを支え、
しっかりと固定し寝かせられる機能をつけました。
これは常に赤ちゃんを抱いている
パパの負担を軽減するためです。

1週間弱という短い時間の中で行ったメソッドなので、
色々な問題が山ほど残ってはいますが、
評価されたことは素直に嬉しく思います。

ですが、このメソッドで自分の不得意分野や、
デザイン能力の低さが顕著にあらわれたことも事実です。
あと1年半ですが、BFGUで精進していきたいと
改めて感じたメソッドでした。

大学の時とはまた違った感覚で2回目の北竜館でしたが、
空気が美味しかった……

追記
私の恩師である方が、
名古屋ファッションコンテスト
グランプリを受賞されました。
素晴らしく美しい作品です。
とても嬉しく思います。
ホームページにアップされ次第、
皆さん是非見てみて下さい。

それではまた。

FacebookTwitterGoogle+共有
カテゴリー: 文化ファッション大学院大学(BFGU) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>