あをやまめぐみ作品展「水墨装画」(byあをやま)

こんにちは、あをやまです。
急に涼しくなり、長袖を引っ張り出しています。
今回は私事ですが、10/2(日)まで
神楽坂の「ココットカフェ」で作品展を開催しているので
ちょっと宣伝させて頂きます。

タイトルは「水墨装画」です。
和紙に青墨で描いたファッションイラストと、
1/6の人体マネキンがセットになっています。
マネキンが着ている服は、
「和服と洋服の融合」をテーマに制作しました。
着物の反物を使った服、簡単な平面作図で作れる服、
和服にも合わせられる洋服を条件にデザインし、
そのイメージイラストを描くと言う手順です。

image7

image8

一番初めにイメージしたのは、
季節柄、神楽坂と言う土地柄もあって、
祭りで着るハッピです。
大勢が声掛け合って神輿を担ぐ姿は
イキイキして素敵ですよね。

image2

たまたま先週新宿で遭遇した神輿隊は
まさにイメージぴったりでした。
でも私のデザインは、ハッピを脱げば街着になる服です。

image4
image6

全部で6セット展示しました。
この春卒業した教え子が1体服作りに参加しています。
絞りのMA-1とシースルーのワンピースでした。
さすが若さですね。

image13

実は服の人気投票をしているんですが、
服のデザインだけでなく
イメージイラストがだいぶ影響しているように感じます。
働く女性に人気が高い服のイラストは、
ちょっと一息という場面です。

image12

なぜ「和服と洋服の融合」を取り上げたかと言うと
以前から疑問があったからです。
たまに着物を着ますが、気合い入れないと着れない。
もっと気軽に日常的に着物を取り入れられないだろうか?
その提案をしたいと思いました。

image9

カフェは月曜火曜がお休み、
営業時間は1時~7時と短めですが、
もし神楽坂散策の休憩に寄って頂けたら、
お好きな服に是非1票投じて下さい。

FacebookTwitterGoogle+共有
カテゴリー: あをやまめぐみ便り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>