梅雨の飯舘村

こんにちは。
あをやまです。
梅雨の福島県飯舘村(いいたてむら)に行って来ました。

image1

お天気は、二日間なんとかもってくれたけど蒸しました。
先月植えた稲はスクスク育っているようです。
前回のような賑わいはなく、
猿や猪の襲撃に備えて柵が出来ていました。
そこに電線を追加し、網を地面にペグで固定する手伝いを
して来ました。

image2
作業中に四ツ葉のクローバーを見つけました。
押し葉にしてから、何にしようかな?

image3
毎回宿泊所として利用させて頂いてるのは、
霊山(リョウゼン)トレーニングセンターと言う1型糖尿病、
つまり小児糖尿病患者のための施設です。

この病気は10才までに発生し、
インシュリンを1日に数回打たなくてはいけないそうです。
日本ではその認知が遅れていて、
命を落とした子供達も少なくなかったとか。
食事を含めて自立できるようにと言う目的から
個人の医師が私財を投じてこのセンターを設立したと聞きました。
食堂の厨房がとても広いのは、子供達が調理するからなんですって。

image4
来年の夏には本来の目的のために活用されるそうです。
施設の前の川で水遊びをしたり、車で海水浴に行くことも。

今回は作業参加人数が少ないので、
私が料理長を担当することになりました。
(調理を手伝ってくれる人はいます)
チキンのトマト煮をメインに決定し、
村に向かう道中で 食材調達しました。
道の駅で見た野菜がおいしそうで
予定外に購入したら作り過ぎてしまい
翌朝まで持ち越すことに。
夕飯後に甘い物を食べ「空腹を感じる隙がない」と、
これはクレームかな?(^_^;)
確かに朝サラダのボリュームではないかも。

image5
酪王のカフェオレは、
福島界隈でしか飲めないと聞いたので買いましたが
美味しい~。

image6
今回サロンエプロンを作って行きました。
麻のランチョンマットに端切れでポケットと紐を付け。
昔買ったきり一度も使っていなかった帽子と合わせ
て厨房に立ったんです。
好みが変わらないのか、
マッチしてしまった。びっくり。

この施設を利用する上で
もう一つ手作りしたのは、シーツです。
ベッドと布団をお借りする訳だから
「シーツは2枚持参」ですが、
足元と片方の脇側の2辺を閉じて寝袋状態にしました。

image7
ダブルガーゼの生地が足りなかったので、
サッカー地を継いでチクチク手縫いです。
手縫いはふんわり仕上がるし、移動して作業できるし、
ついやってしまうんですが
やはり時間はかかりましたね。
でもミミはそのまま利用しました。

翌日、6月最後の日曜は医療チームの活動がありました。
老人クラブの方達の足もみや管理栄養士さんの作る昼食会。
放射線量を体外に排出するにはヨウドが良いそうです。
メニューは野菜たっぷりの中華丼ですが
まずは輪投げ大会で体を動かします。

image8
コツを掴んでる人は、同じピンに投げ入れていきます。
結構上手な人が多かったのは、回数?土地柄?

image10
image11
この建物は佐須小学校と言って明治時代創立、
昭和時代に建築されたそうです。
グラウンドにも新しい砂が撒かれていますが
歴史を感じるモニュメントがありました。

image12 image13 image14
再生の会本部がある菅野宗夫さん宅では、
2匹の猫に会えます。
1匹は飼い猫のクウちゃん。
人慣れしています。
もう1匹は野良猫のミイちゃん。
人に近づいて来ません。
2匹は仲が良いので、
1枚の写真に収めようとしばらくカメラを構えていました。
まず白黒のクウちゃんが寝そべり、
距離を保って三毛のミイちゃんが場所を取る。
クウちゃんは終始同じポーズ。
ミイちゃんは時間と共にリラックス度が増す。
意外にフォトジェニックなんだな。
カメラの前ではポーズできる内気なモデル、か?(写真)

この村では猫、犬、雉、猿、カエル、昆虫も鳥も見ました。

熊と兎を見たと言う人もいます。
老人クラブの皆さんは元気でした。
いつか子供達の姿が見たいと思いました。

FacebookTwitterGoogle+共有
カテゴリー: あをやまめぐみ便り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>