「長靴をはいた猫」(by学ファ・空人)

お久しぶりです。空人です。

12月11日、12日の2日間、
文化学園大学現代文化学部国際ファッション文化学科の
卒業イベント「長靴をはいた猫」が行われました。
1年間かけてやってきたことが終わり、
ホッとする気持ちとちょっと寂しいような
そんな感情が入り混じっています。

今年の卒業イベントは、ファッションによって人が、
人の心がどのように変わっていくのか。
というようなことが大きなテーマの1つとして
進められました。

娘の衣装が物語の進行に合わせて、
そして移りゆく心に合わせて変化していく、
同じく猫の衣装も変化していく。
16世紀〜17世紀という舞台設定もあり、
古くも新しい、とても繊細な衣装が多いような
印象を受けました。

そんな中、私は娘の4体目の衣装、
ウエディングドレスを製作しました。

image1
image2

娘が弟の死を乗り越え、猫と出会い、王子と出会い、
新しい自分の姿に戸惑いながら、1歩1歩進んでいく。
そして、美しい女性へと変わった娘の心情と
元々持っていた芯の強さなど
様々な事を考えてデザインしました。

2万枚近くの布の花全てにコテをあて、立体にし、
手作業で1つ1つつけていく作業は
気が遠くなるようでしたが、
新しい娘の姿を表現できたのではないかと思っています。

image3

衣装製作完了間際、そして本番当日まで
王の座る椅子の製作をしたことは
とても良い経験だったと感じています。
今まで経験したこのとない、
舞台美術の世界を経験することができました。
おなじみの末安さん大西くん
そして今回の卒業イベント企画長のジョーソンミンくん、
そして映画・舞台衣装デザイナーコースの
加藤先生と共に製作しました。

image1-1
・・王の椅子に座る絵画の衣装を着た大西くん・・

卒業イベント「長靴をはいた猫」はセリフが多く、
演出も多様で、衣装も数が多く、
困難に直面することが全てのコースで
とても多かったと思います。

2日間全公演会場にいましたが、毎回満席となり、
入場規制をかけなくてはならないほどの
お客様に来ていただき、
お褒めのお言葉をたくさんいただけたことは
感無量です。
当日無事に全公演を行うことができましたが、
それよりも、公演当日まで自分達で考え、
行動し、作り上げる。
何度も壁にぶつかりながらも、乗り越える。
そんな過程がとてつもなく大切なのだと感じました。

image2-1

プロデューサー・ジャーナリストコース、スタイリストコース、
映画・舞台衣装デザイナーコースの学生。
そして、ご指導いただきました
文化学園大学現代文化学部国際ファッション文化学科の先生方、
外部講師の皆様、武蔵野音楽大学の皆様、日本体育大学の皆様、
設営等ご協力いただきました業者の皆様、
そして12月11日、12日、ご来場くださいましたお客様、
卒業イベント「長靴をはいた猫」に関わりました
全ての皆様に心より御礼申し上げます。

image3-1

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+共有
カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

『SNSと私』(学ファ・あゆみ)

お久しぶりです(^O^) 久都間あゆみです。
夏休み、イタリア人の友人と久しぶりに再会しました。

1

今やお互いの人生相談をする程の仲ですが、
実は彼女と仲良くなったきっかけは、
5年ほど前に始めたTwitterです。

私は高校生の頃パステルカラーの服を好み、
よくTwitterに英語で写真を投稿していました。
そうするうちに、
同じようなファッションを好む海外の女の子達と、
SNSを通して仲良くなりました。
彼女もそのうちの一人です。
彼女達は日本ならではの
「カワイイ」ファッションが大好き。
自分の国でカワイイ服を着ると、
後ろ指をさされ笑われる事が多いと言います。
たしかに、海外の女性は日本人女性よりも、
“sophisticated”(都会的に洗練された)ファッションを
好む人が多いと感じます。

日本のカワイイ服をネットで購入して、家でひとり着て、
ささやかに楽しんでいる彼女たちは皆、
日本に来て堂々と好きなファッションで歩ける事を
一番に喜んでいました。

一方で、私の日本人の友人の中には
「日本だと後ろ指さされる。
ロンドンやニューヨークなら何着たっていい!」
と言う人達もいます。

これはきっと正解も不正解もなくて、
違う土地へ行くとその非日常の世界に気持ちも
開放的になるからかな…なんて思います。

2

おもしろいと思うのは、小学生の頃から
「SNSに自分の名前や写真などを載せてはいけない」と
教えられてきた私達世代は今、
それらを公開する事が当たり前になっている事です。
女の子は、自撮りなどで自分をSNS上でプロデュースし、
人気を集めている子も多いです。
アーティストは、その人のSNSでの発言が魅力的である事が、
もはや当たり前のように思います。

SNSは今でも、なんとなく寂しい物のような気もします。
でも、SNSのおかげで友人に出会えたり、
何かのきっかけになる事もありました。

(私の以前のブログを読んでくださった
松本かつぢ資料館の方がFacebookやTwitterで
取り上げてくださったり、
Textile-Treeの編集長であり、
つなぐ通信」編集長でもある成田さんが、
9月15日発行の秋号で、松本かつぢ資料館を
取り上げるきっかけになったとご連絡くださいました!)

3

友人との写真をFacebookに載せたら、
共通の友人がいた!なんてことも多いです。
(この写真は、初対面の女の子がイギリス留学当時の私の友人でした!)

SNS、これからもうまく付き合っていきたいと思います(^O^)

最後に……

弥生美術館で行われている森本美由紀展、オススメです!
(9月27日までですのでお早めに!!)
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

4

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

絵を描くように文を書く(学ファ・あゆみ)

こんにちは!久都間あゆみです。

image1
「ときめき」(水彩、コラージュ)

先日『地球の歩き方』が募集していた、
「20代の旅レポ大賞」の受賞者が発表されました。

実は私も、この募集を〆切の数週間前に見つけ応募した、
192人の内の1人です。
しかし最終選考にも残っていません。
大賞作品は上のホームページ上で読む事ができます。
書かれた方の積み重ねて来た経験が、
一学生である私とはあまりにも違う事を痛感しました。

私はというと数日の勢いで書き上げた文章、
しかも募集されていた”旅レポ”というよりは、
心情描写を中心とした作品となってしまいました。

今読み返すと とても恥ずかしく、
公募としては自分の色を打ち出しすぎていて、
若く経験の浅い事がありありと分かるような文章です。
しかしながら生まれて初めての海外、
一人旅で感じた事を 私なりのつたない文章で書き上げた、
初めてのエッセイです。

折角だからというのはおかしいのですが、
こうして文章を発表させていただいているブログという場で、
評価などは関係なく
「普通の女の子の初めての一人旅、海外旅行」を書いた
ブログの一記事として、読んでいただきたいと思いました。
スリル溢れるバックパッカーの旅や、
ショッピングやリゾートを楽しむバカンス旅とも違う。
特別な事は何もありませんが、これが私の初めての旅でした。

「ヒロインになった日」

絵を描く、見せる。文を書く、見せる。
人に作品を見せるのは、
まさに自分をさらけ出すようで恥ずかしく、
時に怖くもなります。
でもどんなに怖くても、
発表する事を恐れては何も始まらない。
それを痛感する毎日です。

田村セツコ先生に絵や文を見ていただくと、
いつも「絵を描くように文を書き、文を書くように絵を描きなさい。」
と仰います。
セツコ先生の文章を読むと、
その意味がよく分かるのです。
どんな形の作品であれ、
それに触れる前と触れた後で 見る世界が
前よりキラキラ輝いて見える……
そんな作品を作れるように、頑張ります!

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

『動きのカガク展』(by 学ファ・末安)

こんにちは。末安です。
このブログの一つ前の
空人くんのブログが展覧会のことで、
また展示続きになってしまいますが・・・!

先日、六本木の東京ミッドタウン内にある
21_21design sight」ではじまった
動きのカガク展』へ早速行ってきました。

@IMG_5542

「動き」がもたらす表現力に触れ、観察し、
その構造を理解し体験することで、
ものづくりの楽しさを感じ、
科学技術の発展とデザインの関係を改めて考える展覧会
(ホームページより)でした。
少なくとも私には。

@IMG_5545
@IMG_5546

つくっている過程がみえたり、仕組みが少しみえたり
完成されているものにたいする驚きとかわくわくが、
そこだけで終わらず人に話したくなるような展示でした。

百聞は一見に如かず、です。
〜9月27日までなので、是非遊びに行ってみて下さい。

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

「踊り候え」(by学ファ・空人)

こんにちは!
お久しぶりです。空人です。

じめじめとした空気に包まれ、雨が降り、
外に出るのが億劫に感じてしまうこの季節ですが、
以前から惹かれていた鴨居玲さんの世界に触れに
東京ステーションギャラリーで行われている
没後30年 鴨居玲展 踊り候え」に行ってきました。

image1

初めて鴨居さんの作品を生でみる機会となりました。
南米、パリ、ローマ、スペインと世界各地を放浪しながら、
自分と向き合い、絵を描き続けた方です。
鴨居さんの絵は、一度みたら脳に焼き付き、
じわじわと火傷をするような感覚におちいります。

酔っ払いやおばあちゃん、おじいちゃんの絵、
そして自画像などが有名ですが、
様々なアーティストから影響をうけ、
自分のオリジナルを模索する姿を
見ることができる初期作品や、
デッサンや遺品など、
100点ほどの作品をみることができます。

ひたすら人間の心の中身をさらけ出し、
自らを削るように作品を産み出し、
晩年はモチーフに苦しみ、
自画像を多く残しました。
1985年に、彼は自らの手によってこの世を去りました。
彼の作品や人生、作品に対する姿勢、
とても人間らしいところ。

芸術とはこのようなものなのではないかと
思うふわっした塊みたいなものが
僕の中にできたのも、
鴨居玲さんの作品に出会った時でした。

1枚の絵を描きあげるのに
100枚ものデッサンを描いたとされる
情熱と技術に裏打ちされた鴨居さんの作品。
1つの作品にひたすら向き合い産み出されたものは
やはりとても美しいです。

鴨没後30年 居玲展 踊り候え」は
東京ステーションギャラリーにて
7月20日まで催されていますので、
興味を持たれた方は是非
行かれてみてはいかがでしょうか。

ここ最近は学校で勉強していることもあり、
ファッションデザイン画を描くことが
非常に多いですが、
久都間さんのブログや絵をはじめ、
こういった素晴らしい作品に出会うと
また違う絵を描きたい気持ちになります。

image2
(小学生時の作品)

この頃の僕はジャクソン・ポロックに憧れ、
アクションペインティングばかりしていた記憶があります。
筆、歯ブラシ、指、竹串などをつかって描いていたのですが、
とても楽しかったなあと思い返します。
こういった昔の作品を残していてくれる親には
とても感謝しています。

また、ゆっくりと絵を楽しむ時間を
つくろうと思いました。

 

 

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

『Advanced style』(by 学ファ・あゆみ)

こんにちは!久都間あゆみです。
お久しぶりです。

最近の学ファのメンバーは、
12月の卒業イベント「長靴を履いた猫」に向けて
衣装制作を頑張ってます。

その合間をぬって、映画を観に行きました。
Advanced style
NYに住む、最高にお洒落なマダム達のドキュメンタリー。
渋谷西武で行われた写真展の時から、
ずっと楽しみにしていた映画です。

IMG_4390

“Advanced style”というタイトル。
映画鑑賞前、それが意味するのは 彼女達の一歩進んだ
ファッションの事と思っていました。
ですが鑑賞後、このタイトルは60代を超えて
ますます輝く彼女達の人生の事、
一般的に「お年寄り」とされるイメージと違う
ライフスタイルの事でもあると感じました。

そんなマダム達の発する言葉は印象的なものが多く、
とても心に残っています。

あるシーンで「明日どうなるかわからないから、
毎日全力なの。旅行もあちこち行きたいの!」と言うマダムと、
「私はもう充分だわ。色んな所へ行って、見て、
思い出はいっぱい。毎日ゆっくり丁寧に過ごしたいわ。」
と言うマダム。
そして「私たちファッション好きなのは同じだけど、
こうやって意見が違うの、素敵ねぇ!」と
ケラケラ笑い合う姿に、
なんだか胸がいっぱいになりました。
私は50年後、何を想い過ごしているのか……
今はなかなか想像がつきません。
ですが、彼女達のように、その時の自分に心から満足して、
自分の人生を楽しんでいたいと思います。

気づけば学生最後の1年となっていました。
卒業制作をしながらバタバタと過ぎる日々の中で、
私も含め皆それぞれに 将来の事を考え悩む毎日です。
でも!入学当時想像していた大学4年生の私と今の私は違うけど、
たくさんの経験をしてきて、今の私で良かった!と
自信を持って言える事が嬉しいです。

このタイミングで、人生の先輩方から
映画を通してアドバイスをもらえた事はラッキーでした。
友達にも勧めていますが、
同世代の人達は特に将来に対して
前向きな気持ちになれると思います。
不安や悩みはいつだって誰にだってあるけれど、
自分らしくのびのびと、どんな時もユーモアと
エスプリを忘れず過ごしていきたいです。

IMG_4448
(絵日記の1ページから。いつの間にか、
梅雨の紫陽花が綺麗な季節になりましたね!)

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

はじめまして!(by 学ファ・おーにし)

はじめまして!
この度「情熱スクールnet!」でブログを
書かせていただくことになりました大西裕基(ゆうき)と申します。
どうぞよろしくお願い致します!

画像①

初投稿ということで私のプロフィールを
少しだけ書かせていただきます。
私は『情熱スクールnet!』のメンバーの
末安さん久都間さん佐藤君と同じ
文化学園大学 現代文化学部 国際ファッション文化学科
映画・舞台衣装デザイナーコースに通っております。

スタイリストになるのが夢でそれについて学ぶことのできる
「スタイリスト・コーディネーターコース」のある
この国際ファッション文化学科、
略して「学ファ」に魅力を感じ奈良から上京して参りました!

のですが、、、

私が今所属するのは「映画・舞台衣装デザイナーコース」
こちらのコースはリアルクローズをはじめ
時代衣装やドレスのデザイン、
縫製を主に勉強できるコースになります。
なぜスタイリスト・コーディネーターコースではなく
映画・舞台衣装デザイナーコースを選んだかといいますと・・・
それはまた改めてお話ししようかなと思います(笑)

さて、話は変わりまして
ここで少し宣伝をさせていただきたいと思います。

画像②

12月11日・12日に国際ファッション文化学科によります
卒業イベント「長靴をはいた猫」を行います。
このイベントはシャルル・ペロー原作の
『長靴をはいた猫』のストーリーをベースに
ファッションショーとパフォーミングアーツを融合させた
独自の舞台となっており、
企画から演出、衣装、モデル、アクターまでの全てを
学生の手によって手がけております。

また武蔵野音楽大学、日本体育大学との
コラボレーションも行っております。
迫力ある生演奏とアクロバットな演技にもご注目ください!
ただいま本番に向けてちゃくちゃくと動き出しております!
私たちも日々素晴らしい衣装づくりを行っておりますので
是非観に来てください!

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

『東京女子展』(by 学ファ・末安)

こんにちは!末安千夏です。
(少し時間が空いてしまいました)

先週は劇団ホロロッカの舞台も無事幕をとじ、
卒業製作や検定も一段落した週末でした。

事後報告になってしまうのですが、
神宮前のROCKETで行っていた『東京男子 東京女子』展
フォトグラファーの小林真梨子さんの作品の
女の子が着ていたお洋服をつくりました。

S__37986327

『東京男子 東京女子』展は
90年代に生まれた20代の約70名の
クリエーターやモデルなどが集結する企画展。
「東京男子展」と「東京女子展」に分かれて
5月22日〜6月2日まで行われました。

実は、モデルをしている子が
大学の大切なお友達のひとりで、
撮影の前日に「あの服貸してほしい!」と言われて
とりあえず渡したら、
素敵な写真の一部になっていました。

S__37986328

このブラウスとスカートをつくったのは
もう2年も前で、
「この話がきたときにあの服を着たいと思った」
と言われて
思い出してもらえるなんてとても嬉しいです。

この服を選んでくれたお友達と、
素敵な写真の一部にしてくれた小林さん、
ありがとうございます。

S__37986326

ブラウスはもともとお友達に
プレゼントしていたのですが
これを機会に、スカートもプレゼントしました。
このブラウスとスカートは私の知らないところで、
これからもたくさんの人に出会っていくと思うと
楽しみです。

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする

初めまして!(by 文化短大FP メイデンリリウム)

はじめまして!

この度「情熱スクールnet!」にて
ブログを書かせていただくことになりました。
文化学園大学短期大学部服装学科
ファッションプロモーションコースの
白瀬綾音(あやね)、高塚麻由(まゆ)、
照井咲稀(さき)、諸橋佳奈(かな)です

私たちのコースでは、
パソコンでの編集やデザインについて主に学んでいます。
しかし、それだけではなく
写真や商品企画の授業などもあり、
様々な分野に触れることが出来ます。

幅広く学ぶことで視野が広がり、
色々なことに興味を持つようになりました。

そこで、このブログでは、
私たちの多くの興味関心を発信していきたいと
思っています。

seed-L-rubellum

ブログの投稿名は『メイデン リリウム』( maiden lilium )

「乙女百合」のことで、花言葉には、
「好奇心の芽生え」というものがあります。
私たちの多くの好奇心を、
これからたくさん発信していくということから
このタイトルに決定しました。

どうぞよろしくお願い致します!

カテゴリー: 文化学園大学短期大学部服FP | 1件のコメント

シンガポールを旅して(by 学ファ・空人)

空人です。

少々前のお話になりますが、
3月に1週間ほどシンガポールを旅してきました。

ざっとシンガポールという国のご紹介を。
シンガポール共和国。
人口約540万、
国土は60以上の島によって構成され、
埋め立てによって拡大されてきました。
英語、中国語、マレー語、タミル語の
4つの公用語があり、
華人、マレー系、インド系からなる
複合民族国家です。

image2

さて、どうしてシンガポールに行ったかというと、
どうしても、どうしても行きたい所があったのです。
それが110ヘクタールの広大な敷地を抱える巨大植物園。
「Gardens By the Bay (ガーデンズ バイ ザ ベイ)」
植物と近未来的建築物を融合させたテーマパークで、
着いた時には心踊りすぎて
外観を撮るのを忘れてしまいました。

巨大植物園「ガーデンズ バイ ザ ベイ」は、
人工の山がつくられ、山頂植物から
低地植物までみることのできる「クラウドフォレスト」
地中海や半乾燥熱帯地域の
植物等を展示している「フラワードーム」
そして、養成植物やシダ類等の200種以上、
約163000もの熱帯植物を外壁に巻いた
高層庭園「スーパーツリー」「OCBCスカイウェイ」
などで構成されている所なのですが、
あますことなく、どこへ行っても、
もれなく、もれなく面白い。(個人的意見です)
シンガポールを訪れた際には
必ず行きたい場所になりました。

image3
クラウドフォレスト
(山の中や空中遊歩道を歩くことができる。ジブリ感…。)

image4
フラワードーム
(見たこともない不思議な植物達がわんさか)

image5
スーパーツリー・OCBCスカイウェイ
(空を歩いているかのような不思議な感覚に陥いる。)

シンガポールの街を歩いていると
そこらじゅうの建築物がとても面白い。
観光大国ならではなのかもしれませんが、
不思議な建物がたくさんある。
日本と異なって、震源地帯から遠く離れた
土地の構築物というのは
外面的な面白さに溢れているなと感じました。

image6
The Helix
(DNAを模した二重螺旋構造の橋。
施工には日本の建設会社も関わっています。)

シンガポールを旅して思ったことがありました。
「旅をしても新しい自分は見つからないのでは」
細かく言うと、
「ああ、自分ってこういうものが好きだったんだな」とか、
「これが自分なんだなあ」というような
再認識の意味合いの方がはるかに強い。
ということを感じました。

「再認識で見つける新しい ような 自分」は、
もともと自分が持っている
素晴らしい部分なの かも しれませんね。
長くなりましたが、
是非、シンガポールを訪れてみてはいかがでしょうか。

image7

カテゴリー: 文化学園大学国際ファッション文化学科 | コメントする