Archive for the ‘素材や本の話しあれこれ…’ Category

『北越雪譜』と御機屋(おはたや)の話

2014/04/11

『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』という本があります。
江戸時代に南魚沼市塩沢で
「越後縮(えちごちぢみ)」の仲買商や質屋などをし、
随筆家でもある鈴木牧之(すずきぼくし)によって
書かれたものです。
江戸に商いに来ている時、雪を珍しがる人たちを見て
雪国の話しを書いたらベストセラーになりました。

その中の越後縮を書いた項目に、
とても興味深い話があるので紹介します。
※越後縮の話は「『北越雪譜』と越後上布の話」
参照してください。
当時、縮(ちぢみ)一反(いったん)織れば、
南魚沼の米農家の年収の半分になったといいます。
(といっても一反を糸から織り上げるまでは
4〜5カ月はかかると思います)

挿絵 04
・・・・冬は雪に閉ざされてしまう豪雪地帯。猛吹雪や雪崩で
亡くなった可哀想な話もあります。『北越雪譜』挿絵・・・・

・・・
「縮を織る処のものは娶(よめ)をえらぶにも
縮の伎(わざ)を第一とし,容儀は次とす。
このゆえに親たるものは娘の幼きより
此(この)伎を手習(てならわ)するを第一とす。
・・・

『北越雪譜』では、
嫁を選ぶには織り技術が一番で容貌は二の次。
親は娘が生まれたら、幼いときから織り技術を
教えることを一番重視しなさいと書かれています。
このようなことは、日本の織物産地はもとより、
織物や手芸文化の発達した世界各地にもありました。

村では当然のように「どこそこの娘は織物が上手」と
評判が立つので、娘たちは自分もその中に入りたいと
切磋琢磨し技術の向上に励みます。
織物上手な娘は良縁を斡旋してもらえるので
わずかな報酬でも「名誉」のために、
大変な努力を重ねるのです。

計り知れない手間と時間をかけて織り上げる「縮」は、
人を雇って合理的に織らせる織物工場では
とても採算がとれません。
手間に対して賃金を払うような賃仕事では不可能です。
雪に閉ざされた豪雪地帯の農家の婦女が
“唯一できる冬場の副業”だからこそできることなのです。
これは近江上布などにも見られた事です。

小千谷縮
・・・・伝統工芸品に指定されている小千谷縮・・・・

そのなかに「機織りで気がふれた娘」のことを
書いた項目があります。
この娘は、初めて上等の「縮」の注文が入ったので
大変喜び、金銭は二の次にして、
糸作りから自分で始め、誰の手も借りずに
こつこつと丹誠込めて見事な「縮」を織り上げました。
最後に「雪晒し(ゆきさらし)」という
仕上げを行うために、晒し業者に出したところ
なんと、戻ってきた反物には煤(すす)のような染みが
1箇所付いていたのです。
あまりのショックに娘は気がふれてしまったという
哀れな話が挿絵とともに載せられています。

挿絵02
・・・・機織りで気がふれた娘の挿絵(左)。『北越雪譜』より・・・・

見事な「縮」を織り上げる事は、
金銭以上の名誉である事が「御機屋(おはたや)」という
話を読むとよくわかります。
御機屋とは、特別な時に着るような上等な「縮」を織るための
神聖な織り場の事をいいます。
織る時には家のまわりの雪かきを丁寧にして、
家の中でできるだけ煙の入らない明るい部屋を選び、
新しいムシロを敷いて、四方にしめ縄を渡し、
中央に機(はた)を置きます。
まるで神様がいるかのごとく畏(おそ)れ敬い、
織り手の他は中に入れません。
織り手は、家族とは別の火で調理したものを食べ、
機を織るときは、衣服を改め、
塩水で身を清める塩垢離(しおごり)を行い、
手を洗い、口をすすぎます。
毎日このように身を清めてから始めるといいます。

DSC_0038
・・・・鳥居の形をした日本の手機(てばた)・・・・

以前古い機屋(はたや)さんを取材した時に、
日本の手機のたて枠は「鳥居」の形をしているのを
教えていただきました。
御機屋のことを知って、なるほどと合点がいきました。
「機には神が宿る」からでしょう。
『北越雪譜』には
「神は敬うことによって霊威を増すものだ」とあります。
ちょっとしたものでも、お守りとして敬い信じれば
霊は存在し、不思議な力を発揮するものだとし、
「御機屋の霊威」の例が挙げられていました。

御機屋は優れた織り手でなくては
建てる事ができません。
御機屋を建てる事は娘たちの憧れであり
それはまるで、身分の低いものが
殿上人(てんじょうびと)を
羨むようなことに等しいのだといいます。
機を織るということがいかに神聖な作業であり、
神の域に近づこうとするかのような
お金には代え難いもの作りのプライドがあったからこそ
日本には素晴しい織物文化が生まれたのだと
改めて実感しました。


「越後上布」は
『テキスタイル用語辞典』のコラムでも紹介しています(027P)。
echigojyoufu

『北越雪譜』と越後上布の話

2014/04/04

NHKの「小さな旅」
「雪の機(はた)~新潟県南魚沼市~」(3月9日放映)で
江戸時代ベストセラーとなった
『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』と共に
豪雪の新潟県南魚沼市で織られる
「越後上布(えちごじょうふ)」を紹介していました。

挿絵03
・・・・雪かきの様子や雪中歩行の用具の挿絵。『北越雪譜』より・・・・

『北越雪譜』は江戸時代に南魚沼市塩沢で
「縮(ちぢみ)」の仲買商や質屋などをし、
随筆家でもある鈴木牧之(すずきぼくし)によって
書かれたものです。
江戸に商いに来ている時、雪を珍しがる人たちを見て
雪国の話しを書いたら大当たりしました。
特に魚沼の名産品である
「越後縮(えちごちぢみ)」の事を書いた項目が
充実しているようなので、
興味を惹かれ早速購入してみました。
挿絵や現代語訳などもあるので
(ネットで検索もできます)かなり面白く読めました。
そこには日本の織物の原点があるような気がしました。

echigo
・・・・越後上布。NHK「小さな旅」の映像より・・・・

「上布」とは、夏の麻着物地の最高級品とされる麻織物で、
苧麻(ちょま/からむし)を原料にしたものです。
越後地方(主に小千谷市、十日町市、塩沢町)で
生産するものは特に「越後上布」と呼ばれます。
かつては「越後布(えちごぬの)」と呼ばれていたようですが、
昔の地元では単に「布」と呼ばれていた事を
『北越雪譜』を読んで知りました。
だんだん評判が上がるにつれ「越後布」「越後上布」と
名前が付けられブランド化していったのでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE
・・・・越後上布と、原料の青苧(あおそ)・・・・

「越後上布」の中でも糸に強い撚りを掛けて(強撚糸)
「縮み」を出した織物を「越後縮」といいますが、
総称して単に「縮(ちぢみ)」とも呼ばれています。
現在は、小千谷(おぢや)地区で織られる
「小千谷縮(おぢやちぢみ)」がよく知られています。
越後上布は、苧麻の繊維
(これを青苧《あおそ》といいます)を糸にしてから
織り上がるまでの工程は大変な手間と時間がかかります。
現在も昔ながらの手法で作られているものは、
国の重要無形文化財の認定を受けています。

DSC_0136
・・・・小千谷縮/2014年2月「GIFT SHOW」にて・・・・

越後上布は、苧麻の皮を剥いだ粗繊維(青苧)を
「苧績み(おうみ)」という
さらに裂いて縒(よ)って糸にしていく作業をし、
その後いくつかの工程を経て織り上げます。
織り上げた布は洗い上げ、
雪の上に布を並べて太陽に晒(さらす)す
「雪晒し(ゆきさらし)」という作業が行われます。
オゾンの酸化作用で白はより白くなり、
色物は色が冴えてきます。
これは、越後上布独特の晒しの手法です。

苧績みから始めて、織り上げ、雪晒しの作業までは
すべて雪の季節に行われます。
苧麻を原料に、とても細い糸にして織り上げる越後上布は
天然の湿り気がなければ切れやすいため、
まさに豪雪地帯が生産地として適しているのです。
織り手は湿度を保つために
暖房のない凍てつくような部屋で
辛抱強く織り上げていくのです。

挿絵01
・・・・雪晒しの風景の挿絵。『北越雪譜』より・・・・

『北越雪譜』の有名な一説があります。

「雪中に糸となし、雪中に織り、
雪水に洒(そそ)ぎ、雪上に曬(さら)す。
雪ありて縮(ちぢみ)あり、
されば越後縮は雪と人と気力相半(あいなかば)して
名産の名あり。
魚沼郡(こおり)の雪は縮の親といふべし。」

(越後縮は)雪中に糸をつくり、雪中に織り
雪水で洗い清め、雪上で日に晒す。
雪があってこそ縮がある。
越後縮は雪と人と気力が補いあって
はじめて名産品といえる。
魚沼郡の雪は縮の親というべきものである。

雪国の人は雪に閉ざされた極寒生活に耐え忍ぶ
心棒強さがあります。
中でも越後人は粘り強さと丁寧さががあるといわれます。
そういうすべての条件が揃ってこそ、
この「越後上布/越後縮」が生まれたといえましょう。

次回は「御機屋(おはたや)」についてお話します。


「越後上布」は
『テキスタイル用語辞典』のコラムでも紹介しています(027P)。
echigojyoufu

 

竹原あき子先生の『縞のミステリー』

2012/07/14

縞のミステリー』を読んだ時に、
「なんて面白い本だろう!」と思いました。
残念ながら『テキスタイル用語辞典』の執筆が終っていたので
もっと早くこの本に出会っていたら…と、悔やまれるほど。
国内外の縞にまつわる話しが本当に良く調べられており、
しかも端的に無駄のない巧みな文章で語られています。


・・・・『縞のミステリー』の表紙はアフリカのアシャンティ族の
「ケンテ」。この複雑な縞柄が、実は単語を組み合わせた文字のような
役割になっているというから驚きです!・・・・

私は特に「伊勢」の話しが好きです。
かつて伊勢は松坂、河内と並び木綿縞の一大産地であり
「伊勢木綿」は伊勢神宮へ全国から「お伊勢参り」にやってくる
観光客の名物の土産物でした。
伊勢は、日本中からの情報が集まる土地です。
観光客は最新の農業技術、最新のファッション、
踊りや歌などの芸能も仕入れて持ち帰ったといいます。
ものだけではなく、実生活に必要なノウハウまで持ち帰るという
実務型の旅だったのです。
伊勢木綿や伊勢型紙などの伊勢の物販をはじめ、伊勢の行商人さえも
“伊勢”と名のつくものが有名ブランドとなりました。


・・・・竹原先生から見せていただいた「唐桟縞(とうざんじま)」。
これが17世紀頃のものか今調べているところだそうです・・・・

時代劇でおなじみの「縞の合羽(かっぱ)に三度笠」の姿は
実は、近江、松坂、伊勢の商人たちが
縞の木綿を全国に売り歩くための行商の衣装…
いわば歩く広告塔だったのです。
そんな話しなどがびっしり詰まった名著、ぜひ一読をお勧めします。

その著者である竹原あき子先生に、先日初めてお会いすることができました。
もともとは工業デザイナーである竹原先生は、
現在は和光大学名誉教授。
プロダクトデザイン、デザイン史、衣装論などその専門分野は幅広く
知識の豊富さが、奥深い文章を生み出しているのだと思いました。


・・・・木を中心にした先生のオフィスは、窓が広く明るく、
とっても心地良い素敵な所でした・・・・


・・・・とってもチャーミングな竹原先生。ナチュラルでユーモアがあり、
一目会った瞬間から人を虜にする魅力が一杯!・・・・


・・・・先生が古着屋さんで見つけた「唐桟縞」のもんぺ。
あちこちに継ぎが当てられており、それがパッチワークのようで
いい味を出しているのです・・・・

『縞のミステリー』は、木綿の町、浜松の「遠州縞」の笠井町出身で
布に囲まれて育った先生の、思いが込められた一冊。
次の執筆のテーマもすでに決まっており、今準備にかかっているそうです。
著書の『縞のミステリー』へのサインをお願いしましたら
「次の本は?」という、嬉しい一言を書いてくださいました。
私も頑張らねば!


・・・竹原先生からサインをいただきました!・・・・

いま、気になる「流儀」本。

2011/02/03

一昨日『英国の流儀』という本をご紹介しました。
英国トラッドの素材やアイテムの知識や歴史を知る上で
大変参考になる本です。

そしてもう1冊ご紹介したいのが
『ヘミングウェイの流儀』
今村楯夫/山口淳 著(日本経済新聞出版社)です。

いつもよれよれの同じような服装で
服装やお洒落には無頓着と思われていたヘミングウェイですが
「ホンモノ」にこだわる姿勢と目利きぶりが
豊富な写真とともに描かれています。
あらためてお洒落というものは
その人の「生きる姿勢」に通じるものだと納得させられます。

折しもこの2冊のタイトルに共通しているのは「流儀」。
辞書で調べると
「物事の仕方、やり方」
「技術・芸能などで、その人や流派に伝わっている手法・様式」
のことですが
「流儀」と正面切っていえるには、単なる「オレ流」ではなく
「ホンモノである」という自負が込められているような気がします。
凛とした硬派の姿勢と品格が伺えます。
世の中のトレンドに振り回されない
「自分のスタイル」をきちんともっている…
やはりいくつくところはコレでしょうか。

「英国トラッド」のバイブル本。

2011/02/01

早いもので今日から2月ですね!
トラッド熱が高まる中で、おすすめの2冊のご紹介です。

ファッションの流れも持続可能な「サスティナビリティ」に向かい
「英国調トラッド」が2011秋冬のトレンドに本命視されています。
英国調といっても、60年代や70年代のアイビーやトラッドを
経験したのは団塊世代や、その前後世代。
今はトラッド素材もトラッドアイテムも、よくわからない人が大半です。

『英国の流儀BRITISH STYLE』
『英国の流儀Ⅱ  TRADITIONAL FASHION』
林 勝太郎 (朝日新聞社)は
「英国トラッドとは何か」を知ることはもちろん
素材やアイテムの産地や歴史なども
現場を訪ねてリアルに面白く綴った、名著です。

いい素材、いい仕立ての服を「着つくす」
魅力的なライフスタイルを教えてくれます。
サヴィルロウの仕立て屋で誂えた上等な注文服を
生地がテカテカになるまで着古し
セーターやツイードジャケットの肘の辺りが
すり切れたら肘に革を当てる。
決して最初から「エルボーパッチ」のある服は着ないのです。
英国紳士は、たくさんのいい服はもたず
同じものを長い間着込むことを誇りに思っているといいます。

『テキスタイル用語辞典』の執筆でも、ずいぶん参考になりました。
この本を読むと「いい服」が欲しくなります。
一生懸命に作ったいいものは
着る側も最後まで丁寧に着つくしたい…
「愛着服」を、探しにいきたくなりました。

ストライプは反逆、異端、悪魔の柄?!

2010/11/01

『テキスタイル用語辞典』の執筆は思わぬ発見もあり、
本当に楽しい作業です。
何気ない流行も、歴史を知るとまた見方も変わってきます。

ファッションのトレンドでは数年前から
ストライプやボーダー、アニマル柄の人気が続いています。
2011春夏のコレクションでもパリ、ミラノ、NY、ロンドン
そして東京の多くのデザイナーが、いつもより増して
ストライプ、ボーダー、アニマル柄を提案しています。

ジル・サンダーはカラフルなエレクトリック・カラーと
大胆なボールド・ストライプです!
http://www.style.com/fashionshows/complete/S2011RTW-JLSANDER
ジュンヤ・ワタナベはすべてボーダー&ストライプです。
http://www.style.com/fashionshows/complete/S2011RTW-JNWATNBE
プラダは「ラテン・バロック」のマルチカラー・ボーダーです。
http://www.style.com/fashionshows/complete/S2011RTW-PRADA

ストライプ(縦縞)もボーダー(横縞)も日本名では「縞」といいますが
実はこれがとんでもないルーツを持っていたのです。

縞模様の服といえば思い起こすのは囚人服、強制収容所、旅芸人や道化師
船乗り、ルネサンス期の肖像画、フランス革命のロベスピエール…

ミシェル・パストゥロー『縞模様の歴史ー悪魔の布』は
縞模様の歴史を書いたとても面白い本です。
中世では縞模様は排斥された者たち…私生児、農奴、受刑者
ハンセン氏病患者、異端者などに着せられた服なのです。
明らかに「区別」するために「縞」が用いられました。
「縞」は、軽蔑的・悪魔的な意味をもっていたとされます。
しかし時代とともにその性格も変わってきますが
「革命」「反骨」などの要素のある柄とも分析しています。

とても奥の深い柄なので一言では語れませんが
興味深い写真ビジュアルもあり、読みやすい本ですので
ぜひ一読を!

また面白いことに、ここ数年人気が続いている
ボーダー、ストライプ、水玉、チェック、そして幾何柄ですが
実はこれらの柄が大流行した時代があるのです。

そう、それは1929年の世界大恐慌の影響を大きく受けた1930年代です。

お得意様のアメリカマーケットが失われ、
織物産業も不況に見舞われました。
高価な商品が売れなくなったため、手の込んだ複雑な柄よりも
簡単で安価に作れる単純柄に業界はシフトしていったのです。
当時マチス、ピカソ、ブラック等の抽象芸術が脚光を浴びていた事も
幾何柄などのモダン柄人気につながったようです。

歴史は繰り返すのでしょうか。
流行する色や柄にも「性格」があるようです。
そういうことを知って身につけると良いかもしれませんね。