Archive for 05, 2013

近江の麻の老舗「林与」の「麻布看板」の話し!

2013/05/10

Premium Textile Japan(PTJ)』2014春夏展に出展した
近江の麻の老舗(株)林与の「看板」についてお話しします。

 明治30年創業の林与は、展示会ではいつもブースの正面に
「林与」の伝統のロゴをパッチワークで縫い取った
麻布の看板を掲げます。
お手製のこの看板は、林与のトレードマークとなっていますが、
実は昨年10月の『インターテキスタイル上海』の時に
紛失してしまったようなのです。


・・・・PTJでは新しい「林与看板」が掲げられました・・・・

 林社長は今回のPTJの展示会に間に合わせようと、
忙しい合間を縫って一人で作業を続け
展示会初日の5月8日に、会場の東京国際フォーラムに到着してから
「林与」のマークに縫い取った部分をカットする
最後の作業を行ったといいます。

 この「林与看板」制作のことは、
林社長の人気ブログ「リネン日記」で知ったので
どんな風に仕上がっているのかを見るのも
楽しみのひとつでした。


・・・・表地と裏地を重ねて縫い、最後にロゴの部分を切り取ります・・・・

初代の「林与看板」は、味わいのあるパッチワークでしたが
今回のものは、表地と裏地を重ねて仮縫いし、次にロゴの形を縫い、
最後にロゴの部分を切り取ります
裏地は倉庫に眠っていた40年前の紺の後染めリネンを、
表地は定番の生成りのソフトリネンを使用したといいます。

40年前のリネンは、フィブリル化(摩擦で毛羽立ちささくれる現象)し、
ふっくらといい感じになっています。
しかもシワになりにくいという特徴があります。
こういう麻布は、作ろうと思っても
なかなか作れるものではなく、
昔の糸や織りの優れた技術、年月を経た麻独特のもののようです。


・・・紺のリネンは40年前のもの。フィブリル化していい感じが出ています・・・・・


・・・・昨年のPTJの林与のブースに掲げられていた初代「林与看板」。
このときは『テキスタイル用語辞典』を販売させて頂きました・・・・


・・・・初代「林与看板」は、正方形のパッチワークで作った力作です・・・・

林社長は、昔のリネンを研究しながら
どうしたら現代にこのようないいものを作ることができるか…
しかも今のビジネスとして成り立つものを試行錯誤しています。
新しい試みも着々と進んでいます。
その話しは次回お伝えします。

2014S/S 『T・N JAPAN東京展』Vol.3宮下織物

2013/05/03

『テキスタイル ネットワーク ジャパン(T・N JAPAN)東京』は
付加価値の高いもの作りをしている
全国から選りすぐったテキスタイルメーカーで
構成されている合同展です。
2014S/Sテーマは「触感を考える」。


・・・・細番手・高密度・ジャカードを中心とした先染織物を
得意とする宮下織物(株)・・・・

山梨県富士吉田の宮下織物(株)は、
細番手・高密度・ジャカードを中心とした先染織物が特徴で、
シルクブロケード、サテンやタフタのウエディングドレス生地など、
フォーマル分野を得意としています。
特に「濡れ巻き整経」という
山梨県郡内織物産地独特のシルクのたて糸整経技術を用いた
シルクサテンのドレス地を製造する
日本で唯一の織物メーカーとしても知られています。
プラチナのような輝きを持つ、シルクサテンは、本当に見事なものです。

※2013−2014『T・N JYAPAN 東京展』の宮下織物も参考にご覧ください。
http://www.textile-tree.com/tex/?p=3787


・・・・濡れ巻き整経のシルクサテンにフォークニードルを施した新作・・・・

今回の展示会でテキスタイルデザイナーの渡辺絵美さんが
イチオシで見せてくれたのは、糸を引っ掻き出したような
ユニークなテキスチャーのシルクサテンでした。
「フォークニードル」というニードリングの一種で、
釣り針のようなものに生地を引っかけて表面を傷つけて
糸を引っ掻き出したものです。

なんと驚いたのは、このシルクサテンは
「濡れ巻き整経」のシルクだというのです。
「究極のシルクサテンを、どうしてこんなもったいないことを!」
実は…細く緻密な濡れ巻き整経のシルクは、
織りこぶができてしまうこともあり、
これをB級反にしたくないという、
逆転の発想で考えたテクニックだというのです。
若いテキスタイルデザイナーならではの
大胆な発想に舌を巻きました。


・・・手でぎゅっと掴んだようなシワ感を出した
メタフィスと共同開発した『クーナ』の技術を応用したテキスタイル。
よこ糸にポリウレタン糸を使い、糸の性質で
布の伸縮性と自然な凹凸感をあらわしています・・・・


・・・・海外の方にはメタリック素材の人気が高かったそうです・・・・

宮下織物(株)が得意とするのが先染めのカラーフォーマル素材です。
ポリエステル%100のシャンブレータフタ(玉虫調)は、
なんと40色の在庫を持っているとのこと。
小ロットからも対応でき、価格もこなれているので
海外からの需要も多い、人気の定番アイテムです。


・・・・40色の在庫を持っている、カラーフォーマルとして
人気の高いシャンブレータフタ・・・・


・・・・40色の在庫を持っているポリエステルサテン・・・・

宮下織物(株)は、伝統的なもの作りをきちんと継続しつつ
アット驚くような新しい素材開発にも積極的に取り組みます。
最上級のもの作りがきちんとできて、
かつ実用としての、使いやすい定番素材もきちんと提案できています。
地に足のついたオリジナリティのある柔軟なもの作りが、
実力のあるメーカーの姿勢なのかも知れません。

 

 

2014S/S 『T・N JAPAN東京展』Vol.2福井経編興業

2013/05/01

『テキスタイル ネットワーク ジャパン(T・N JAPAN)東京』は
付加価値の高いもの作りをしている
全国から選りすぐったテキスタイルメーカーで
構成されている合同展です。
2014S/Sテーマは「触感を考える」。

合繊産地として知られる福井県から出展している
「福井経編興業(株)」のブースで目を惹いたのは
メッシュの不思議な素材で作られたウエアや、
布帛感覚のニューハイテンションです。
経編み(たてあみ)は、織物に似た伸びの少ない
きっちりとした編み地が特徴で、裁断して縫製されるニットです。

特に今回は、シューズやカーシートのスペーサー資材
(間に挟んで使う資材)など、
スポーツや資材分野で使われている経編みのダブルラッセルを
衣料用として提案しました。
軽く通気性があり、カチオン可染ポリエステルとすることで、
色効果のある素材としてアピールされています。


・・・・・ダブルフェイスの蜂の巣メッシュ。
染色効果の違うポリエステルとナイロンの
2種類の素材を使用しているため、
1回の染色で2色に染め分けられ、
玉虫のような効果が出ています・・・・


・・・・裏側にプリントを施したダブルメッシュ。
メッシュが微妙にずれているので3D効果が現れています・・・・


・・・・ダブルラッセルのダブルフェイスメッシュ。
メッシュが微妙にずれているため生地は透けて見えません。
カチオン可染ポリエステル糸を使用して
1回の染色で2色に染め分けています・・・・

・・・・


・・・・経編み(たてあみ)は、織物に似た伸びの少ない
きっちりとした編み地が特徴です。
これはメッシュにボンディングしたもの・・・・


・・・・本来は、シューズやカーシートのスペーサー資材(間に挟んで使う資材)、
スポーツウエアのライナーとして使用されているものを、
ファッション素材として提案。
軽く弾力性があり通気性の良いのが特徴・・・・

2014S/Sのファッションやテキスタイルトレンドで
注目のひとつがハイブリッド的な表現の「スポーツ・クチュール」。
中でも、アパレルデザイナーが熱い視線を注いでいるのが
工業用資材です。
ダブルフェイス、両面染色、ボンディング、ニードルパンチなど、
テクニカルな素材のファッション化が新しいマーケットを生み出しそうです。


・・・・三菱レイヨンのトリアセテート「ソアロン」のトリコット編みは、
福井経編興業がすべて製造・・・・