天然繊維テキスタイルの合同展『HARVEST ♯002』


2回目の開催となる『ハーベスト』は
天然繊維のテキスタイルメーカー6社の合同展示会です。
オーガニックコットンの(株)パノコトレーディングが中心となり、
リネン、シルク、ウール、パイル、先染めコットンの各分野から
選りすぐったエキスパートメーカーで構成。
6社という小規模ながら、非常に質の高い展示会となっています。


・・・・小規模ながらクォリティの高いメーカーが集まった会場・・・・


・・・・展示会の受付をしているのはパノコトレーディングの長尾さん(右)。
古いミシンを受付台にして談笑する、アットホームな雰囲気・・・・

『ハーベスト』は、取り扱う商品がバッティングしないことや、
小規模展示会のメリットを生かし、それぞれのお客様を紹介し合うなど
互いのメーカーが連携し合うアットホームさも特徴。
糸や原料の在庫、生地在庫を抱えているメーカーも多く、
リスクを持ちながらも、独自のもの作りに力を入れている
“気概”を持ったメーカーが目立ちます。
今後は、少しずつ参加メーカーを増やしていきたいと
展示会のまとめ役となっている(株)パノコトレーディングの
長尾さんがお話しくださいました。
参加6社を簡単にご紹介します。

【リネン】(株)林与
明治30年創業の近江の麻の老舗「(株)林与」は、
Textile Treeでも何度かご紹介している麻織物メーカーです。
10月に上海で開催された中国紡織工業連合会主催の
テキスタイルアワードで、総合の3位を受賞。
近江の小さなメーカーの製品が世界で評価されるなど、
こつこつと、独自の哲学で質の高いもの作りをしてきた成果が
着実に実りつつあります。

・・・・林与のアーカイブの「近江上布」と、それををプリントにして
仕上げたワンピース・・・・


・・・・テキスタイルアワードで、総合の3位を受賞したトロフィと賞状・・・・


・・・・受賞したリネンのブラックデニム(左)・・・・・

受賞の記事↓
http://www.textile-tree.com/blog/?p=4600


・・・・京都の(株)村田染工とコラボしたビビッドな草木染めのストール・・・・

今回の『ハーベスト』には、現在は幻の織物となっている
「近江上布」の柄をプリントとして復刻させたものや、
京都の(株)村田染工とコラボしてビビッドに染め上げた
草木染めのリネンストールを展示。
そのこだわりがまたスゴイのです。

※それはこちらで紹介しています。
http://www.textile-tree.com/tex/?p=4042


【シルク】(株)長谷川商店

愛知県一の宮の「(株)長谷川商店」は
シルク原料から、糸、丸編み、織物などを扱う
シルク関連の総合商社です。


・・・・シルクを中心に、ウール、カシミア、アルパカ混や、麻や綿なども・・・・


・・・・意匠糸のバリエーションも多い・・・・


・・・・カラーバリエーションが100色以上、カスリで20色くらいの在庫があります・・・・


・・・・ラルフ・ローレンが定番にしている素材・・・・

アジアで初めて、イタリアのニット糸の展示会「ピッティフィラッティ」に
出展したメーカーでもあり、
ニットを主流に、トレンド性の高い糸なども提案し
海外のスーパーブランドとの取引も多数。
シルクの原料から抱え、紡毛シルク糸などは
100色をストックしているものあります。
他ではなかなか見られない意匠糸などを得意としています。

【ウール】長尾商事(株)
ウールの分野では、羊毛繊維専門商社の名古屋の
長尾商事(株)」が参加。
羊毛原料をはじめ、アルパカ、カシミア、キャメル、アンゴラなどの
原毛原料、原糸、織物などの輸入・輸出を行っています。
特にアルパカ、ビキューナなどの南米の原毛を得意とし、
これらを輸入するライセンスを持っている、世界でも数少ない会社です。


・・・・尾州産地を背景にした羊毛繊維専門商社・・・・


・・・・二重紡績で、「ガラ紡」のように糸のボディの部分に
違う色のわたを置いていき、カラーミックスの甘撚りのスラブ糸にしたもの・・・・


・・・・軽く弾力性のあるナチュラルヘアをもつ高山羊のペルーウール・・・・

注目したのはペルーの高山に生息する羊で、
天然色のナチュラルヘアで展開しているペルーウール。
ノンミュールジング(羊に処置を行っていない)というエコ的観点や、
膨らみがあって軽く、希少価値があり、しかも価格もリーズナブルということで、
人気も高まっています。
また、「ガラ紡」のような紡績のできる三河の紡績会社とコラボして、
手紡ぎのような、独特の節のある甘撚りの軽い糸を開発。
数少ない職人さんの技術ならではの、味のある糸となっています。

【先染めコットン】(株)カゲヤマ
日本最大の先染め織物産地の兵庫県西脇市に本社を置く
(株)カゲヤマ」は、先染めのシャツ地を中心にした企画・製造・販売会社。
東京、上海、韓国、イタリアにも支社を持ち、
トレンド性やオリジナリティのあるカジュアルシャツ地を得意としています。


・・・・ヴィンテージ加工を施したシャツ地を得意とします・・・・


・・・・抜染で色を抜いた「シェイキーマジック加工」。裏と表の表情がこんなに違います・・・・


・・・・ポリエステル糸と綿糸の複合繊維の織物を、綿糸だけを染めた
「片サイド染め」。ポリエステル糸は染まらないので、色褪せたような
白っぽい感じに仕上がります・・・・

抜染の手法で色を抜いた人気商品の「シェイキーマジック加工」、
性質の違う2種類の糸の片方だけを染めた「片サイド染め」など、
新商品開発にも積極的。
色褪せた経年加工を施したシャツ地や、
先染めにドビーやジャカード、刺繍などを入れたレトロテイストなど
魅力あるヴィンテージ素材を提案しています。
また、通常約400~500柄、約2,000点以上ストックしており、
小ロット・短納期ができるのも特徴です。

【パイル素材】青野パイル(株)
パイル織物(編物)産地である、和歌山県高野口からは、
青野パイル(株)」が参加。


・・・・ハイテクパイルも得意とする、パイルの産地、和歌山県高野口のメーカー・・・・


・・・・人気のドットもパイルで立体的に!・・・・


・・・・コンピューターベロアで、立体的なキャラクター柄を出したもの・・・・


・・・・アメリカ海軍のデッキジャケット。襟やインナーには
アルパカウールのボアを使用した本格派仕上げ・・・・


・・・・無印良品のコットンブランケットに採用されたシール織り素材。
高野口産地ならではの上質なパイルです。以前採用されたアーカイブから再登板!・・・・

青野パイル(株)は、ベロア、フェイクファー、シールなどの「アパレル用パイル」、
ブランケット、シーツなどの「寝装用パイル」、
椅子張り、カーペットなどの「インテリア用パイル」はもとより、
電磁波シール材、レンズの研磨材など、IT関連や建築関連の
工業関連素材分野にも進出。
ハイテクの新分野開拓に力を入れるなど、
パイルの領域も広がり、かなり面白くなっています。

【オーガニックコットン】(株)パノコトレーディング
『ハーベスト』の発起人・主催となっている、
オーガニックコットンの「(株)パノコトレーディング」。
オーガニックコットンの原糸の輸入・販売をはじめ
生地の企画・製造・販売を行っている会社で、
アパレル分野に進出する準備も着々進んでいるようです。


・・・・高野口産地とコラボしたオーガニックコットンのパイル・・・・


・・・・・きれいな草木染めのオーガニックコットン・・・・

今回は高野口産地とコラボしたパイル織物や、
草木染めのオーガニックコットンなど、今シーズンの主力商品を展示。
「(株)パノコトレーディング」が、
なぜオーガニックコットン100%の提供が可能か、
無農薬のオーガニックコットン生産を可能にする
「オーガニック農法」などの説明を
オーガニックコットン事業部の浅田さんから伺いました。

パノコトレーディングの取材↓
http://www.textile-tree.com/tex/?p=2703

Tags:

One Response to “天然繊維テキスタイルの合同展『HARVEST ♯002』”

  1. 素材の話 » Blog Archive » 近江上布の「林与」の挑戦! Says:

    […] 『HARVEST ♯002』に出展していた、近江の麻の老舗「(株)林与」を紹介します。 今回の展示会で目を惹いたのが、初お披露目となる アーカイブの近江上布のプリント柄です。 「林与」 […]

Leave a Reply