さわはん工房の招き猫と、弘子姉さんの傘地蔵

先日「rooms25」で、岩手の六原張り子「さわはん工房」に依頼していた
「両手招き猫」が届きました。
待ちに待っていた招き猫です!
手づくりの素朴な味がでている、愛らしいねこちゃんです。
しかも持って、ビックリ!張り子なのでとっても軽いのです。

招き猫は色によって置く方向が決まっているとも言われていますが
私は「福を呼び込む玄関」に置くことにしました。
何しろこの招き猫は三毛猫と黒猫の親子(?)猫!
右手を上げている猫は金運を招き、左手は客を招く。
また黒い猫は、魔除けや厄除けの意味があるようです。

「1つで3度美味しい!」招き猫なのでキットいいことが…
なんて下心いっぱいでしたが
本当にこのところいい話しを立て続けに聞けるようになり、
“招き猫効果”はやっぱりあるものだと!ニンマリです。

もうひとつ紹介したいのは、昨年末に
弘子姉さんが送ってくださった手づくりの「傘地蔵」です。
ちりめんでつくった、何とも穏やかなお顔の癒されるお地蔵さんです。
(さすが弘子姉さん!)
「傘地蔵」は、貧しい暮らしをしていたおじいさんが
吹雪の中で雪をかぶっていたお地蔵さんたちに、
売れ残っていた傘をかぶせてあげた有名な話しです。
その後、お地蔵さんが恩返しにあらわれ、
「貧しくても心清く正しい生き方をしていると救われる」
という道徳観を伝えています。
弘子姉さんは、そういう思いを込めて送ってくれたのでしょうか。
“きれいな心”を忘れないように、招き猫と一緒に置いています。

もうひとつ…招き猫と傘地蔵の下に敷いているのは
麻でつくったコースターです。
これは、ニットデザイナーでクラフト作家でもある
千緒さんが、プレゼントしてくださったものです。
麻の杢糸で編み、回りは麻布でトリミングしています。
厚手でとてもしっかりしていて、本当に素敵です!
コースターにするのはもったいない(?)し、
なににしようかな…と考えていましたが、
招き猫ちゃんとお地蔵さんのお座布団にすることにしました!
きっと喜んでいると思います。

 

カテゴリー: 地方の話しあれこれ…, 渡辺弘子の布絵の世界, 編集長の雑談やお知らせ パーマリンク

さわはん工房の招き猫と、弘子姉さんの傘地蔵 への2件のフィードバック

  1. bwrd のコメント:

    成田さん、こんばんは〜☆
    先日の猫ちゃんですね!黒猫がいたとは!!
    それにかわいらしいお地蔵さんも、優しいお顔ですね〜^^
    そんな幸せオーラたちにすわってもらって、コースターもうれしいはずです♡
    ご紹介していただいてありがとうございます!

    • 千緒さん
      いつもステキなニットやアクセサリーをつくっていただき
      ありがとうございます!
      千緒さんの作品は、オリジナリティがあり、
      使い勝手などもよく考えられているので
      だいすきです!
      これからもよろしくね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です